« いつか晴れた日に | Main | 秘密の花園 »

2009.09.23

ビッグ・フィッシュ

映画
出演 ユアン・マクレガー
監督 ティム・バートン

感想
ティム・バートンにしては、自然な色彩が多くって明るい画面の映画だった。
でも、ティム・バートンらしさが凄くある映画だった。
どちらかというと、ブラックなところが抑え気味な映画で、父と子の物語。

はじめは意外とユアンの出番が少ないな~って思いながら、見ていました。
でも、最後の方はそんな事はあまり気にならなかったです。
ラストが凄く良かった。
あとユアンの役が、凄くぴったりでした。

この映画のラストを見ていて、以前読んだ本に出てきた内容を思い出した。
それは…
『どのように人生を生きていくかを考える時、
自分の葬式の場面を思い浮かべて、参列者にどのように自分を送って欲しいのかを想像して、そこに到るにはどのようにすれば良いのか考えてみるといい。』
っていう内容だったと思う。

なんか、そんな映画だ思った。
抽象的ですが。

« いつか晴れた日に | Main | 秘密の花園 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75490/46294685

Listed below are links to weblogs that reference ビッグ・フィッシュ:

« いつか晴れた日に | Main | 秘密の花園 »

January 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

鑑賞メーター

  • 映画・DVD鑑賞数
    koyukiさんの鑑賞メーター koyukiさんの鑑賞メーター koyukiの最近観たビデオ

読書メーター

  • koyukiさんの読書メーター
  • koyukiさんの読書メーター