« 再見した映画の感想 | Main | 自負と偏見 /ジェーン・オースティン »

2009.10.13

新劇場版 ヱヴァンゲリヲン 破

新劇場版の製作にあたっては、どんだけエヴァを造り直して引っ張るねん!って最初は思っていました。
って事で、積極的に劇場までは行かず『序』はDVDで見てすませました。その感想はCGが増えた事以外は、基本的にストーリーは基本的に以前と変わらないなぁ~って感じでした。良く出来てて面白かったけど。
で、今回の『破』はほぼ新作、しかも結構好意的な評価が多いって事で、地元の劇場でも公開してたので見に行ってきました。

結果。
凄く良かった!
ホンマに、ほぼ新作と言って間違いないと思う。
久しぶりに、もう一回見に行きたいって思いました。
結婚して庵野監督はきっと幸せなんだろうな~って思った。
で、大人になったのかなぁ~って思った。
今までのエヴァをまさに『破』っていた。
Coccoがハッピーな歌を歌いだしたのと同じくらいの衝撃がありました。

以下、ネタばれとまではいかないですが、物語の解釈になるので隠します。

とりあえず今までのエヴァにあったディスコミュニケーションが改善の方向に向かっていた。
で、子供に対して大人として責任を取らない(取れない?)大人、自分たちの都合だけを押しつける大人達が、今回は大人として不器用ながらも責任を果たそうとしている姿が描かれていた。
あと、子供たちも自分の殻を守るだけじゃなくって、一歩踏み出せるようになっていた。
大人も子供も自分(の世界・価値観)だけを守るって姿勢から、相手を守りたい、救いたい、力になりたいっていう他者への積極的な関与への関心を示していた。
ちゃんと相手を承認し支援していた。…今までそんな描写、なかったもんなぁ~。
これは、凄く大きな変化だと思う。
皆、大人になったんだ~~ってちょっと感慨深かった。
製作者サイドも見る側も。
生きていく事は辛いことだけど、希望を持って進んでいって生きるてる意味(意義)をつかみとれって言うイメージ(メッセージ?)を受けたよ…私は。
創った側の成長とともに、見る側の成長も感じられる、なんか新劇場版を造った意義ってものを実感しましたわ。
ある意味、観客一体型の映画って感じかな?

私はどうしてもアスカにだけは、今までは共感ができなかったのですが…今回の彼女は凄く良かった。
名字が変わっていたから、何か意味があるのかな?

あと、カヲルくんと加持さん。
腐女子へのウケ狙いの言動は、むしろ不要かと。
あの程度で喜ぶと思われてるなら、見る側を馬鹿にしてるって言う気も少しするんやけど…。

で、ここまで書いて、ちょっといろんな感想サイトなどを、今、見てみました。
相変わらずエヴァは見る人によって、解釈が違うんだ~って事に感心した。
多分、見る人によって感想もホンマにイロイロあるんだと思う。
で、多分、どれもその人にとっての正解なんだと思う。

まあ、私の書いていることもオタクのたわごとなんだけどね。

« 再見した映画の感想 | Main | 自負と偏見 /ジェーン・オースティン »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75490/46477148

Listed below are links to weblogs that reference 新劇場版 ヱヴァンゲリヲン 破:

« 再見した映画の感想 | Main | 自負と偏見 /ジェーン・オースティン »

January 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

鑑賞メーター

  • 映画・DVD鑑賞数
    koyukiさんの鑑賞メーター koyukiさんの鑑賞メーター koyukiの最近観たビデオ

読書メーター

  • koyukiさんの読書メーター
  • koyukiさんの読書メーター