« デトロイド・メタル・シティ | Main | イルマーレ »

2010.01.24

ヒストリー・ボーイズ

映画 2006年
監督 ニコラス・ハイトナー
出演 ドミニク・クーパー ジェームズ・コーテン スティーブン・キャンベル・ムーア リチャード・グリフィス

感想
さすがイギリス!って思える映画でした。
非常に面白かったです。
オックスブリッジへの合格を目指す学生たちの物語。
笑いあり、感動あり、切なさありの青春ムービー。
もちろん、ロマンスもほんのりとあります。
…ゲイ関連だったけど。
もーねー、女子率の少ない映画で、男女のロマンスより、男の同性間のほんのりとしたロマンスの方がしっかりと描かれていて…イギリスってすげーなーって思いました。
トニー賞受賞の舞台劇の映画化で、舞台のオリジナルキャストが出演しています。

各種のグット・ルッキングな英国青年たちが多数出演しているのが素敵です。
作品中で引用される詩や哲学、芸術に関するセリフに、イギリスのアッパー・ミドルやインテリ層に望まれる教養の高さが垣間見れて、それも興味深かったです。
いや、日本より広範囲の知識と、教養とオリジナリティが求められる教育は凄いと思います。
教育の形態が全く違うのがとても面白いです。
少数精鋭がオックスブリッジを目指すんだ~って実感。
しかも『残酷な神が支配する』でもちょっと描写されていたけど、教師との間に非常にパーソナルな人間関係を築いていたり、面接や面談もかなり深いところまで突っ込んでするトコロが面白かった。
そー言うところで、自分の人間性や資質を評価されるのは興味深い世界でした。
こういう勉強なら、勉強するのも、きっと面白いだろうなぁ~ってちょっと思えたですよ。
…厳しいとは思うけど。あとついていけるかも疑問やな…。
画一的な教育ではなく、個性や主張やユーモアや機知を大事にするって凄いと思った。
あ、あとアメリカより合理性を重視している感じが無くって、それも面白かった。
伝統とか文化、歴史、哲学などを重視した教育は凄いと思いました。…それだけ誇りがあるんだろうなぁ~と感じた。

後は、彼らのセクシャリティの描き方も自然で、すげーなって思った。
これだけナチュラルやったら凄い違和感が無くって良いですわ。
色んな意味でボーダレスなセクシャリティの描き方で、面白かった。

生徒たちの個性もしっかりと描かれており、教師の姿勢や彼らが重要視している事も描かれているので、非常に面白かったです。
あと80年代のUK音楽が使用されていて、それも良かった。ああ、懐かしいなぁ~って思ったりして。
なんか映画自体の作りが、舞台をもとにしてるだけあって、セリフとか面白くって良かったです。
当然、イギリスの風景も良かった。
超面白い映画で、何度も見てセリフを楽しみたくなる映画でした。

« デトロイド・メタル・シティ | Main | イルマーレ »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75490/47374152

Listed below are links to weblogs that reference ヒストリー・ボーイズ:

« デトロイド・メタル・シティ | Main | イルマーレ »

January 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

鑑賞メーター

  • 映画・DVD鑑賞数
    koyukiさんの鑑賞メーター koyukiさんの鑑賞メーター koyukiの最近観たビデオ

読書メーター

  • koyukiさんの読書メーター
  • koyukiさんの読書メーター