« ビューティフル・マインド | Main | ギャングスターNO.1 »

2010.03.21

高慢と偏見

BBCドラマ 1996年
出演 コリン・ファース ジェニファー・エイル 

感想
ジェーン・オースティン原作のドラマ。
非常に原作に忠実なドラマでした。
映画より、ドラマの方が時間がたっぷりある分、ストーリー的には納得のデキでした。

コリン・ファースのダーシー卿は素敵。
ビングリー卿もイメージ通りで、その他のキャラクターも全体的にイメージ通りで面白かった。
変な人やおかしな人、愚かな人嫌な人もみんなイメージどおりで、またそれが強烈でかつリアリティがあって凄かった。

難点を述べるとするなら、メイン・ヒロインの二人の美人度でしょうか。
エリザベスは私の大好きなヒロインで、楽しみにしていたのですが…最初はイメージと違ってビミョーな印象でした。…見慣れるとそれなりに大丈夫になるのですが…。
彼女は姉ほど美人ではないけど、物事をユーモアを持って見てて、機知に富んだ女性ってイメージだったので、凄く美人ではなくても良かったのです…。
ただ、ドラマ全体の美人度があくまでBBCクオリティだったので、美人と評判って設定のエリザベスの姉も今一つで…それに伴ってエリザベスも…更にって感じでして。ああ、BBC、恐るべし!って感じでした。
あ、あと全体的に演出が古典的なトコロが…思わず製作年度を確認してしまったほどですわ!

でも、このドラマをを見たら、また原作が読みたくなりました。
原作に忠実で原作が好きな人は必見かと思います。

あ、あと『ブリジット・ジョーンズの日記』でブリジットがコリン・ファースに『高慢と偏見』についてインタビューするっていう特典画像ががあったんですが…。
そこでブリジットがコリン・ファースに「Mr.ダーシーの濡れた服が…!」って連呼してコリン・ファースに気味悪がられて逃げられるってシーンがあったんです。これ最初に見た時、意味が分らなかったのですが、このドラマ見て、分りました!ちょっとこのシーンでは笑ってしまいましたよ~。
このドラマ見て『ブリジット・ジョーンズ』見たら更に笑えるかと…思いますよ。

なんにせよこのドラマの最大の見どころは、コリン・ファースのダーシー卿だと思います!

« ビューティフル・マインド | Main | ギャングスターNO.1 »

January 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

鑑賞メーター

  • 映画・DVD鑑賞数
    koyukiさんの鑑賞メーター koyukiさんの鑑賞メーター koyukiの最近観たビデオ

読書メーター

  • koyukiさんの読書メーター
  • koyukiさんの読書メーター