« ブーリン家の姉妹 | Main | ある公爵夫人の生涯 »

2010.08.31

エリザベス

映画 1998年
監督 ジェカール・カプール
出演 ケイト・ブランシェット ジョゼフ・ファインズ リチャード・アッテンボロー ヴァンサン・カッセル

感想
イギリス旅行に向けての予習シリーズ・パート2.
エリザベス女王の映画。『ブーリン家の姉妹』の次の世代のお話。
ヘンリー8世とアン・ブーリンの娘エリザベスが主人公。

ケイト・ブランシェットがすげー良かった!!
私、こーいう人凄く好きなんですわ。
ティルダ・スウィントンに似た雰囲気がある。

彼女の透明感のある存在感がすごく良かったです。
エリザベスのイメージにぴったりだった。
世間知らずの女の子が、後の大英帝国の黄金時代を築いた女王になるまでの姿を描いた映画です。
エリザベス女王って凄く高慢で偏屈なイメージがあったのですが、なんかこういう風に変化を描かれると、彼女へのイメージも変わりますわ~。そこが良かったな。

ロバート・ダドリーとエリザベスの恋愛を絡めて、彼女の治世の初めが描かれるのですが、このロバート・ダドリー役のジョゼフ・ファインズも、ウォルシンガム役のジェフリー・ラッシュもむっちゃイメージ通りで!!!凄く素敵でした。なんか、歴史の本が実写になったらこんな感じってキャスティングだと思った。
で、ヴァンサン・カッセル!!
倒錯者の貴族とか、ちょっと危ない貴族とかを演じたらこの人の右に出る人は居ないんじゃないだろうか??(褒めてるんです!これでも!!)って勢いでフランスのアンジュー公を演じてましたが、これがまた素晴らしくって!

続きの『ゴールデンエイジ』も見たくなりました。

« ブーリン家の姉妹 | Main | ある公爵夫人の生涯 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75490/49308473

Listed below are links to weblogs that reference エリザベス:

« ブーリン家の姉妹 | Main | ある公爵夫人の生涯 »

January 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

鑑賞メーター

  • 映画・DVD鑑賞数
    koyukiさんの鑑賞メーター koyukiさんの鑑賞メーター koyukiの最近観たビデオ

読書メーター

  • koyukiさんの読書メーター
  • koyukiさんの読書メーター