« 処刑人Ⅱ | Main | ビクトリア女王 世紀の愛 »

2010.10.11

ブルーノ

映画 2010年 20100905鑑賞
監督 ラリー・チャールズ
出演 サシャ・バロン・コーエン

感想 
…とにかく凄い映画です。
悪気なくどす黒いブルーノというゲイのオーストラリア人のファッション・レポーターが主人公のエセ・突撃取材レポート・ムービーです。
よーするにアホで非常識でミーハーなゲイの男が、己の成功のために繰り広げるハプニング集…って感じです。
この映画の恐ろしいトコロは…彼に似たコトを、実際のセレブもしていることがある!ってトコロでしょうか。
もちろん真面目に活動されている人もいるのですが…。
ある意味、色んな人をおちょくっているんだと思う。

私はこの映画で初めて実写…さらに外人による『○○椅子』とか『○○盛り』とかを見てしまいましたよ…。
おそろしー。
興味のある方は、ブルーノの公式サイトの動画で映画の一部が見れますので、ご確認してくださいませ~。
多分、あれでお腹が一杯になる人もたくさんいるバズです。
何にせよ、Too Muchなのです。

« 処刑人Ⅱ | Main | ビクトリア女王 世紀の愛 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75490/49713995

Listed below are links to weblogs that reference ブルーノ:

« 処刑人Ⅱ | Main | ビクトリア女王 世紀の愛 »

January 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

鑑賞メーター

  • 映画・DVD鑑賞数
    koyukiさんの鑑賞メーター koyukiさんの鑑賞メーター koyukiの最近観たビデオ

読書メーター

  • koyukiさんの読書メーター
  • koyukiさんの読書メーター