« レポゼッション・メン | Main | ナイン »

2010.11.22

ウルフマン

映画 2010年
監督 ジョー・ジョンストン
出演 ベニチオ・デル・トロ アンソニー・ホプキンス エミリー・ブラント ヒューゴ・ヴィーヴィング

感想
狼男の映画。
舞台はイギリス。

何で典型的ラテン系顔のベニチオ・デル・トロがイギリスが舞台の映画で主人公なの?
とか
更にそのうえ、とーちゃんがアンソニー・ポプキンスで、お家は郊外の大邸宅って無理ないか???
とか、違和感満載で始まる映画。
…理由付けはちゃんと設定上、なされているのですが。
まあ、慣れればどうということもない点でしたし…良いのですが。
物語の冒頭、つかみの段階でこの様な色んなツッコミが入ってしまうあたり、すでに説得力に何らかの問題があったのかもしれません…。

とりあえず直球勝負で狼男を映画化した感じ。
ジャンルはゴシックホラーになるのかな?
特撮とか頑張って、現代風にした感じです。

…なんかね、そもそも私はヴァンパイアと違って狼男には思い入れがないので、コメントに困る映画なのです。
でも私の記憶が確かならば、もともと狼男って舞台はヨーロッパ大陸じゃなかったっけ?

まあ何にせよ、なんで自分が狼男に思い入れがないのかは、よーく分かりました。
よーするに美しくないから!ですわ。
ぶっちゃけ、エレガンスとかもあまり感じられませんし。
…野生の王国の魅力があるのかもしれませんが、私にはその良さが分かりませんです。はい。
つまるところ、ゴシック・モノとして考えた場合、耽美性が殆どないところが、その手の嗜好を持つ人々の心の琴線にヒットしにくい原因のよーにも思えます。

先日、友人とヴァンパイア・モノに比して狼男系の創作物が少ないってことが話題になったのですが、
ぶっちゃけ狼男には野性味とバイオレンスはあるけど、ロマンティックさや耽美成分が足りないからだと思うよ!ってナチュラルに思えるようになる映画でした。

基本、ちゅーと半端な印象の映画で残念!!

« レポゼッション・メン | Main | ナイン »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75490/50066246

Listed below are links to weblogs that reference ウルフマン:

« レポゼッション・メン | Main | ナイン »

January 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

鑑賞メーター

  • 映画・DVD鑑賞数
    koyukiさんの鑑賞メーター koyukiさんの鑑賞メーター koyukiの最近観たビデオ

読書メーター

  • koyukiさんの読書メーター
  • koyukiさんの読書メーター