« アーネスト式プロポーズ | Main | レポゼッション・メン »

2010.11.07

メメント

映画
監督 クリストファー・ノーラン
出演 ガイ・スピアーズ

感想
…風邪でかれこれ10日間ほど絶不調なんです。
今年の風邪は強烈です。
皆様、くれぐれもご用心を。

ってことで映画の感想です。
記憶が10分間しか保てない男が妻の仇を撃つために、妻を殺した犯人を探す物語。
基本的に時間軸をさかのぼりながら、映画は展開していくのですが、映画の視点が主人公からぶれないので、ガイ・スピアーズ演じる主人公と一緒に見ている私たちも混乱や不安感を感じるつくりになってて、面白かったです。
で、ラストは謎が明らかになるだけじゃなくって、人間の記憶とは…とかの心理学的?哲学的?問題も提示されて…まあ、よーできた映画でしたわ。
映画を見た後に、スッキリとすると同時に、議論の余地、考える余韻を残す映画作りはこの監督の特徴なのかもしれないですね。見る人の知的好奇心を刺激する映画だと思う。
何度でも見たくなる映画。
見て、伏線を整理してみたくなる映画。

« アーネスト式プロポーズ | Main | レポゼッション・メン »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75490/49963889

Listed below are links to weblogs that reference メメント:

« アーネスト式プロポーズ | Main | レポゼッション・メン »

January 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

鑑賞メーター

  • 映画・DVD鑑賞数
    koyukiさんの鑑賞メーター koyukiさんの鑑賞メーター koyukiの最近観たビデオ

読書メーター

  • koyukiさんの読書メーター
  • koyukiさんの読書メーター