« 謹賀新年 | Main | 特攻野郎Aチーム the wovie »

2011.01.08

トリスタンとイゾルテ

映画
監督 ケビン・レイノルズ
出演 ジェームズ・フランコ ソフィア・マイルズ ルーファス・シーウェル

感想
悲恋ものです。
ロミオとジュリエットの元のなった物語とのことです。
ちなみに私は元ネタを知りません…。

舞台はイギリスとアイルランド。
風景とか背景が美しくって良かったです。
あと、ローマ帝国が去った後のイギリスの混沌とした状況が面白かったです。
ヒロインも美しかったですし、ジェームズ・フランコ演じるトリスタンもカッコ良かった。
この二人の姿はとっても絵になるので…良かったです。
そしてトリスタンを育てたマーク王も、素敵でしたし。

見てて実感したのですが、こーゆうオチのだいたい分かっている映画って見せ方が難しいですよね。
ルーファス・シーウェル演じるマーク王がすっごく良い人で、途中で可哀そうになって映画を見るのを止めようかって思ったのですが…ロミオとジュリエットとはまた違った展開だったので…最後まで見て良かったです。
悲恋は悲恋なのですが…。納得できるラストでしたので。
ロミオとジュリエットより、もっと自分たちの周囲との人間関係を大事にしているのが見えるので、私はこの二人が好きになりました。

ジェームズ・フランコは表情が豊かなので、彼が恋をしたり嫉妬したり苦悩したりする姿は分かりやすくって…可愛らしいのです。
だから結構主人公二人に感情移入しやすいような気もします。

背景や衣装や風俗とかも凄く面白くってよかったです。

あ、子供時代のトリスタンを『ラブ・アクチュアリー』でリーアム・ニーソンの義子を演じていたトーマス・サングスターが演じていたのも、可愛くって良かったです。
顔はあのまんまで…ちょっと背丈が伸びていたかな。
…なんか近所の子の成長を見守るおばちゃんのような視点ですが…。

« 謹賀新年 | Main | 特攻野郎Aチーム the wovie »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference トリスタンとイゾルテ:

« 謹賀新年 | Main | 特攻野郎Aチーム the wovie »

October 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

鑑賞メーター

  • 映画・DVD鑑賞数
    koyukiさんの鑑賞メーター koyukiさんの鑑賞メーター koyukiの最近観たビデオ

読書メーター

  • koyukiさんの読書メーター
  • koyukiさんの読書メーター