« バレンタインデー | Main | 謹賀新年 »

2011.01.02

スラムドック$ミリオネア

映画 2009年
監督 ダニー・ボイル
出演 デーブ・バテル アニール・カブール

感想
やっぱりダニー・ボイルって面白い映画撮れるじゃん!って思える映画。
映画の中の疾走感は『トレインスポッティング』を思い出します。
悲惨な現実の描き方も…彼らしい。

日本でも有名な『クイズ・ミリオネラ』
このインド版のラスト一問まで到達した青年の物語。
彼にイカサマの疑惑が持ち上がります。
なぜなら彼はスラム出身の青年だから。

この彼がなぜ、クイズに答えられたのか?を取り調べられる中で彼の半生が描かれ…そして現在へとつながります。
ストーリーだけ見てると単調な映画な気がするけど、そんなことはないのです。
映画の構成が素晴らしくって、
彼の半生とともに恋の行方がどうなるの?って思いながら見てしまいます。
そして見終わった後には爽やかな気分になれる。
ラストのエンドロールも面白かったです。
インド映画のお約束として。

で、一部ではストーリーがご都合主義とか言われていますが…これ映画ですし…。
暗ーいリアリティを追求しただけの映画ってみんな見たいのかな?
エンターティメントを追求しつつ、更に社会的にも訴えることができる映画って事ではダメなのかなぁ?
リアリティを追求したい人はドキュメンタリー映画を見れば良いんだし…。
先進国に住む私たちにとって、主人公のキャラクターや生き方って凄く好感は持てるけど今となっては古臭いモノだと思うのです。それを観客を憂鬱にさせず更に退屈にもさせず、躍動感を持って活き活きと描いたコトに意味があるんだと思うのですが。

でもまあ確かに、ストーリーの中でのご都合主義があまり許せない人には、向かない映画なのかもしれません。
私はこの映画、好きなのですが。


« バレンタインデー | Main | 謹賀新年 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75490/50475364

Listed below are links to weblogs that reference スラムドック$ミリオネア:

« バレンタインデー | Main | 謹賀新年 »

January 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

鑑賞メーター

  • 映画・DVD鑑賞数
    koyukiさんの鑑賞メーター koyukiさんの鑑賞メーター koyukiの最近観たビデオ

読書メーター

  • koyukiさんの読書メーター
  • koyukiさんの読書メーター