« 東北地方太平洋沖地震 | Main | メンタリスト »

2011.03.19

日本ユニセフ協会のこと

今日、友人から聞いてショックだったのですが…日本ユニセフ協会って募金したお金がすべて募金として使用される訳ではないんですね…。
かなりショックな事実です。

って事で、自宅に帰って自分なりに事実関係を調べてみました。
詳細は各自で調べて頂いて、判断して頂ければ良いと思うのですが…。

私個人としては、日本ユニセフのマンスリーサポート・プログラムの趣旨に賛同し、今まで寄付をしてきたので別に自分のユニセフへの募金が海外の子供たちのために使用されることは全く問題はないのです。
むしろその為に募金をしていた訳ですし。

ただ、私が引っ掛かった点は
①すべてが子供たちの支援に使用される訳ではなく、募金した金額の約20%程が経費として使用されていること。
②今回の東日本大震災への募金の呼びかけをトップページで大々的に行っているにも関わらず、それで集まった募金を他国の援助に回す可能性があること。

この2点です。
ちなみに、先に書いた通り私個人としては、別に困っている子供たちのために使用されるなら、それが日本だろうが海外だろうが構わないのです。
ただ、全ての人がそうじゃないだろうから、敢えて『東日本大震災緊急募金』とHP上に別コーナーを設けて大々的に募金を集める必要もないと思うのです。そこが疑問だしフェアだと思えないのです。
ついでに言うと、今まで災害の度に企画されていたマンスリープログラム以外の、『ハイチ地震緊急復興支援募金』とかも、全てハイチに送られたのかな?とか、そーいう疑問も一緒に発生してしまいます。(追記:その他の募金も同様の扱いらしいですね。今まで知らなかったです)

でも、何と言っても一番腑に落ちないのは約20%も募金したお金が差し引かれること。
つまり悪く考えると、災害がおこる度にお金が日本ユニセフ協会に集まる仕組みなのかなって思ってしまいます。

そもそもユニセフとは別組織っていうトコロが…どーなんだろ。
まあ、寄付を始める時にちゃんと調べなかった自分が悪いのですが、まさかこんな落とし穴があるとは思いませんでした。それがショックです。
きちんとユニセフに送られているお金もある訳ですが、それでも凄く残念感があります。
…たいした金額を募金していた訳ではないのですが。人生、色んな所に落とし穴ってあるんだなと実感した次第です。はい。


あ、あと最後に今回の震災がおきてから、私がtwitterで非常に共感したセンスのリツィートを紹介しておきます。
クリミナル・マインドのDr.リード役のmatthew gray gubler君の3月12日のRTです。

RT: Karen3amRT "Do you have family/friends in Japan?" everyone in the world is my family member and friend

« 東北地方太平洋沖地震 | Main | メンタリスト »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 日本ユニセフ協会のこと:

« 東北地方太平洋沖地震 | Main | メンタリスト »

October 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

鑑賞メーター

  • 映画・DVD鑑賞数
    koyukiさんの鑑賞メーター koyukiさんの鑑賞メーター koyukiの最近観たビデオ

読書メーター

  • koyukiさんの読書メーター
  • koyukiさんの読書メーター