« L.Aコンフィデンシャル | Main | 僕のエリ 200歳の少女 »

2011.04.09

許されざる者

映画

もー、ただひたすらクリント・イーストウッドの稀有な存在感に圧倒される映画。
彼の佇まい、格としか表現できない迫力。素晴らしかったです。
出だしから釘づけでした。
この人くらい存在感があると、共演者のキャスティングって大変だろうなぁって思いました。
だって一歩間違えたら、映画自体のバランスが悪くなってしまいそうだから。

映画自体、大変素晴らしくって。良かったです。
『ダーティ・ハリー』がこの映画を作ったっていうのも、ある意味感慨深いかも。
凄く人間というものをよく知った人が作った映画って感じがした。
人間の弱さだけでなく品格とかについても考えさせられる映画。
決して派手な映画ではないケド、凄く良い映画でした。

先日アメリカの歴史について英会話の先生に聞いたのですが、銃を持つ権利というものはアメリカの憲法改正のなかでも史上2番目に行われたもので、凄く歴史のある権利として認識されているようです。
ちなみに初めての憲法改正で認められた権利はFree spechって言ってたから、その次に認められた権利って考えるとアメリカにおける銃所持の意味づけってかなり重いモノなのだと思いました。
イーストウッドなりに思うトコロがあると映画を見て感じたのですが、それをあからさまに声高に主張するのではないトコロに彼の品格を感じたのです。はい。

« L.Aコンフィデンシャル | Main | 僕のエリ 200歳の少女 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75490/51345783

Listed below are links to weblogs that reference 許されざる者:

« L.Aコンフィデンシャル | Main | 僕のエリ 200歳の少女 »

January 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

鑑賞メーター

  • 映画・DVD鑑賞数
    koyukiさんの鑑賞メーター koyukiさんの鑑賞メーター koyukiの最近観たビデオ

読書メーター

  • koyukiさんの読書メーター
  • koyukiさんの読書メーター