« アビエーター | Main | glee 1stシーズン »

2011.05.15

英国王のスピーチ

映画 2011年
監督 トム・フーバー
出演 コリン・ファース ヘレナ・ボナムカーター ジェフリー・ラッシュ ガイ・ピアーズ ジェニファー・イーリー

感想
現エリザベス女王の父親、ジョージ6世の物語。
凄く良い映画でした。
背景・音楽・セリフが良いのはもちろんの事、ストーリーも普遍的なテーマを真摯に描いている感じがして素晴らしかったです。
結局は困難や障害との向き合い方や、家族のストーリー、そして友情のストーリーだと思うのです。
でも、それを繊細でありながらもユーモアをもって描いていたので、良かったのだと思います。共感もできるけど、重くなり過ぎない…っていうバランスが凄く良かった。

…多分主要登場人物である、コリン・ファースとヘレナ・ボナムカーター、ジェフリー・ラッシュの繊細な演技と、絶妙のユーモアのバランスが特に良かったんだと思います。
セリフ自体のセンスも良くって、可愛くって好きです。
こーいうセンスって大好きなのです。
結構笑えました。
イギリス好きにはたまらない映画ではないかと思います。
時代背景や文化的な背景など、良くわかる描き方だったし、階級社会やそこからくる格差、差別などもさりげなく、きちんと描かれており、さらにそれに嫌味がないのが凄くいいと思った。
ヘレナ・ボナムカーターは本当に、いい年の取り方をしたなぁと思いました。
…こーいう良家の奥様的な役が本当に似合います。
ティム・バートンの映画で最近よく見られる彼女より、こーいうナチュラルな役を演じる彼女の方が私は好きです。

ジョージ6世の兄、王冠を賭けた恋のエドワード8世をガイ・ピアーズが演じているのですが、これがある意味、すげーイメージ通りでびっくり。…この人も年を取られましたね。
更にいうなら、彼の恋人役のシンプソン夫人がまた…私のイメージ通りの人で…。
オモシロかったです。

田舎在住のため、なかなか見れなかった映画ですが非常に良い映画でした。

あ、パンフレットを見ていて気付いたプチ知識の紹介。
ジェフリー・ラッシュの奥さん役の女優さんってBBC版『高慢と偏見』でヒロインのエリザベス役を演じてコリン・ファースと共演してたジェニファー・イーリーだったんですね!ビックリしました。
まあ、コリンも老けましたから当然ですが、彼女もお年を召してました。…全然気付かなかったです。何度も見てるのに…スミマセンって感じです。

« アビエーター | Main | glee 1stシーズン »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75490/51679406

Listed below are links to weblogs that reference 英国王のスピーチ:

» 英国王のスピーチ (試写会) [風に吹かれて]
演説のプレッシャー公式サイト http://kingsspeech.gaga.ne.jp子供の頃から吃音症に悩む、国王ジョージ5世(マイケル・ガンボン)の次男ヨーク公アルバート(コリン・ファース)。何 [Read More]

« アビエーター | Main | glee 1stシーズン »

January 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

鑑賞メーター

  • 映画・DVD鑑賞数
    koyukiさんの鑑賞メーター koyukiさんの鑑賞メーター koyukiの最近観たビデオ

読書メーター

  • koyukiさんの読書メーター
  • koyukiさんの読書メーター