« エリザベス ゴールデン・エイジ | Main | 英国王のスピーチ »

2011.05.15

アビエーター

映画
監督 マーティン・スコセッシ
出演 デオナルド・ディカプリオ ケイト・ブランシェット ケイト・ベッキンセイル

感想
意外とへヴィな映画でした。
実在のアメリカの実業家 ハワード・ヒューズの人生を描いた映画。
ディカプリオはハワード・ヒューズの役を演じています。
やっぱりディカプリオの狂気の演技は凄いなぁと感心しました。

ハワードの恋人だったキャサリン・ヘップバーンの役をケイト・ブランシェットが演じてました。
相変わらず彼女は素敵でした。

ちょっと前に見たので、結構感想があいまいですが、面白かったです。
ただ、映画に描かれている部分以降の彼の人生が気になる感じでした。

« エリザベス ゴールデン・エイジ | Main | 英国王のスピーチ »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75490/51678882

Listed below are links to weblogs that reference アビエーター:

« エリザベス ゴールデン・エイジ | Main | 英国王のスピーチ »

January 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

鑑賞メーター

  • 映画・DVD鑑賞数
    koyukiさんの鑑賞メーター koyukiさんの鑑賞メーター koyukiの最近観たビデオ

読書メーター

  • koyukiさんの読書メーター
  • koyukiさんの読書メーター