音楽

2009.03.20

人として軸がぶれている / 大槻ケンヂ

アニメ『さよなら絶望先生』の主題歌。
久々に大槻ケンヂの曲を聴いて感動してしまったです。
現在、iTunesでダウンロードしてへヴィーローテーション中です。

私の青春のバンドの一つ、筋肉少女帯。
最近、復活したのは知っていました。
で、最新バージョンの名曲『サンフランシスコ』をビデオで見て、超感動したりしてたのですが…それでも最近は日本語の曲を聞くことが、なんかうっとおしくって。
jazzとかヴォサ・ノヴァとか洋楽rockばかり聴いていたんです。

しかも、最近の大槻さんの曲は全然聴いてなかったのですが…やっぱりこの人は凄いと思いました。
この1曲で!
なんかタイトルからして素晴らしいと思う。
筋肉少女帯の初期~中期(『踊るダメ人間』あたりまで)が大好きで、たまに聴きなおしてはキケンな電波を受信していたのですが…また、電波を受信してしまいました!
…大槻さんの電波を受信できるのは人間として『ちょっと どうよ?』って思うのですが。
でも、ホンマにこの人は素晴らしい!
しかも成長しているように思う!確実に。
昔の曲は、精神的な危うさにリアルに自分が共感してしまって、ヤバい感じだったのですが、この人もやっぱり辛い経験をして強くなったんだと思う。

以下 歌詞について私が素晴らしい(成長した)と思う点…オコガマシイですが(^_^.)
・自虐と自己肯定が共存している←これが素晴らしい!
・更に問題点も明確にしているし、解決策まで暗示してある。
・全てが押し付けがましくない→これは昔からそうだったけど。

曲も、初期筋少が好きな人は大好きなテイストだと思う。
それよりもなによりも、歌詞が~~~~素晴らしい!
私はロックが一番好きな音楽ジャンルなんですが、ロックとはスピリッツだと思っています。
で、この曲には大槻さんのスピリッツが伝わる曲だと思う。
…電波が受信できる人にとって限定かもしれないけど。
うん、きっと、そうだよね。
で、きっと、その電波は受信できないほうが良い電波なんだ~~~~(T_T)

取りあえず、私に勇気を分けてくれた一曲を紹介という事で。
うん、人として軸がぶれてても良いんだよ。むしろ、ぶれまくって良いんだよ。
…ぶれてない人は、その方が更に良いんですがね。
にんにん。

そして今日、気付いてショックだったこと。
筋少の昔のアルバムをiPodに取り込もうとして、出してきたら…同じCDが2枚出てきたよ。
本だけでなくCDでまで、やってしまったよ。

2006.08.07

Cocco ザンサイアン ツアー / 神戸こくさいホール

初めてのこっこのライブに行って来ました。

良かった~~~。
こっこは思ってたより、ずっと明るくって可愛くって、サービス精神旺盛なライブをしてくれました。
結構、黙々と延々と歌い続けるんじゃなかろうかって言うイメージがあったので。←思い込みですね。これは。

新しいアルバムの曲だけじゃなくって、昔のアルバムからも沢山やってくれて、良かった。
目頭が熱くなるシーンや、マジで涙が流れることも結構あった。
隣の女の子は気付いたら泣きっぱなしやったわ~。
基本的に皆で泣いているライブって、気持ち悪いって思うタイプなんですが(共同幻想をみてるって感じがするから)、今回はたとえ、泣いている子がたくさんいても、気持ち悪くなかったです。
なぜかと考えると、単純に凄くいいライブだったからではないかと思う。
凄くこっこのパワーがダイレクトに伝わってきて、それで泣けてくるんだと思います。多分。
こっこが小さい体で、体全体を使って歌っている感じが伝わってきて…こんなふうに歌われたら、そりゃ心も動かされるだろうなぁって思いました。
ホントに凄く才能がある人なんだとおもいました。
私より若くって、でも小さくって華奢な彼女の全身から発せられる凄いパワーに圧倒されたって感じです。

で、思ってた以上にこっこが音楽を楽しんでいたことに更に感動しました。
また、ライブに行きたいです。


2006.03.06

Playing the Angel /depeche mode

Playing the Angel

私の愛するdepeche modeのアルバムです。
なんと1年以上前に出ていたみたい…気付かんかった…ショックやった。

完全復活って感じのCDで、昔のデペッシュ・モードを思い出させる、メロウかつメロディアスな曲が聴けます。ほんとに復活したんだなぁって思って感慨深いものがあります。

彼らがどん底の中で作ったアルバム『Songs of Faith and Devotion 』は今でも私の中での最高傑作なのですが、そのどん底から這い上がってきて、作ったこのアルバムは、なんて言うんだろ…凄く成長している彼らが感じられて素敵だと思いました。
たぶんタフになった感じがするんだと思う。
歌詞もこれまでの彼らの軌跡を知った上で聴くと、凄く深い感じで・・・。
ホントにまた日本に来てほしいなぁ。

デイヴの歌が、ホントに復活!って感じで、以前の切迫感とか緊迫感とかそういう鬼気迫るものが無くなって(それも良かったんだけどね)、彼の声の深く優しい感じが出ていて良かった。
歌声から全てを乗り越えた強さや、精神的な安定感が伝わってきて、安心しました。
デペッシュ・モードの魅力である彼らの高い美意識と、マーティンの美しいメロディ、デイヴの歌の全てが堪能できるアルバムです。ホントに良かったなぁ。

って事で、以前からDVDが出たら買おうと思っていた『Devotional』を注文した。アマゾンではリージョン2(日本の規格)のDVDを取り扱っていないので、HMVで輸入してもらって購入することにしました。
最近はネットで注文できるので便利ですね!
ホントは日本盤の発売を期待していたのですが、どうも無理っぽいので。
結構、日数が掛かるのですが到着が楽しみです。

…調子に乗って、ほかのデペッシュ・モードのDVDとcureのDVDも一緒に注文した事は内緒です。

2005.09.18

JUDE / Electric Rainbow Tour なんばHatch

今日はJUDEのライブでした。
ついうっかり、ライブ前にヴィヴィアンタムでお買い物をしてしまったために、開演に間に合わず一曲目の前奏での入場となってしまいました。そう・・・途中で道を間違えたり、ついうっかりパンを買ってしまったりしなかったら間に合ってたはずなのに…俺の馬鹿!馬鹿!!

ってことで、ライブです。
ホンマにベンジーは素敵やった。
もう、ホンマにカッコ良くって、惚れてしまった。前から惚れていたけど。

多分人生とか音楽とかそんな自分の関わっている色んなフィールドに対する、スタンスとか立ち位置とかものの見方とか感じ方とか、そういうのが凄くこの人の場合は人を惹きつけるんだろうなぁって思う。素直でカッコいいから。
音楽の中で使う言葉とか、ギターの音とかそういうのに凄くそれがナチュラルに出てきてるんだと思う。
もう、ホントに素敵過ぎる!

激しさの中の優しさとか美しさ、切なさの中の幸せや楽しさ。そういう一筋縄ではいかない人間の、複雑な感情・感覚をナチュラルに切り取って感じさせてくれる感じ。ベンジーのフィルターを通して。人生の一瞬一瞬の素晴らしさや切なさを実感できる音楽って感じ。この人の音楽を聴くと、ホントに感動できる。
結構、生きてるって時間の連続だから、良い時も悪い時も流れていってしまう感じがあるように思うのだけど、そういう自分の経験した色んな感覚をベンジーは大事にして音楽として残してるのかなぁって思った。

今日のベンジーはお召し物も、私好みの素敵な柄シャツでカッコよかった。
ハッチは見やすいし音も綺麗でライブを満喫できました。
ベンジーのギターも凄く素敵やった。
唄も、カッコよかった。
いつもより沢山喋っていたから、きっとベンジーも楽しかったのかなぁって思った。
選曲も私の好きな曲を沢山やってくれたので超ハッピーでした。

次は12月のシャーベッツまでベンジーのライブがないので寂しいです。

2005.07.20

JUDE / Electric Rainbow Tour 京都 磔磔

今日は大好きなベンジーの率いるJUDEのライブでした。

京都まで行ってきました。今回のツアー、神戸が無いので。
で、大阪は9月なのでそれまでに一回見ときたいなぁって思ったので。

期待を裏切らず素敵なライブでした。
京都の磔磔っていうライブハウスは古民家をそのまんまライブハウスにしたみたいな所で、音響とかあんまりよくないハコなんです。ステージのまん前に太ーい柱があったりして見難いし狭いし。あと、今回気づいた欠点は…冷房の効きが悪かった。
結構、欠点はあるハコなんですが、それを補って余りある雰囲気があるハコでもあります。襖がステージ奥にあったり、木の梁がむき出しの白壁だったりとジャポネスク全開って感じのハコで、ベンジーたちは結構このハコでよくライブをします。好きなのかな?

で、私がこのハコに行くときにいつも楽しみにしてるコトがあるのですが、それはまあ、メンバーが2階の控え室から階段を降りてきて客席の側を通ってステージに歩いて行くコトなんですが。今回、運良く階段のすぐ側でメンバーが降りてくる姿を見ることが出来ました。

ベンジー超カッコよかった!!!

もう、素敵過ぎるって感じで!
どうでもよい人が見たら、フツーのおっさんかもしれなんですけどね~。
顔が特別良い訳でもなく、スタイルが凄く良い訳でもない人なんですが、立って歩いてるだけで空気が違う。凄くクールでカッコいい人だった。も~大好きだ~。

ライブは、凄くよく見えたし、選曲も楽しくって良かった。
あと、ベンジーの唄が素晴らしかった。
ホントに、この人の唄は心のやわらかいトコロに食い込んでくる感じで、くらくらしました。
ナチュラルに凄く素直に歌っているだけなのが分かるから更に凄い人だと思う。
ベンジーのギターも優しくそして時に激しく色んな色を見せてくれてカッコよかった。
ギターの音だけで、色んな感情とか衝動を表現できるんだってこの人のギターを聴いてて実感できた。この人のギターは歌と同じくらいベンジーを表現していると思う。素敵だ~。
歌の力で人をハッピーにしたり楽しくさせられるのって本当に凄いことだと思った。

9月の大阪でのライブが楽しみです。
ホンマにベンジーを見た後には、ああいう格好良い人になりたいなぁっていっつも思います。頑張ろう、おれ。

2005.07.13

ミュージカルバトン

あすまさんから回ってきたミュージカルバトン。頑張って書いてみます。でも、ディープなモノになりそうな予感が既に…。

■ミュージカルバトン・設問■
□Total volume of music files on my computer
(コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)

今調べたけど…多分 『0』
音楽はコンポで聴くので、敢えてPCには入れていませんわ~。

□Song playing right now
(今聞いている曲)

基本、アルバムを流しっぱなしなので今、聞いているアルバムを取り敢えず紹介。

邦楽
・BUCK-TICK 『十三階は月光』・・・ツアーが終わったばかりなので、その余韻を楽しみつつ。
・SHERBETS 『natural』・・・素敵な曲が沢山で、聞いていて和みます。そーいえばJUDEの新譜買わないと。ベンジーの音楽は大好き。
・SINGER SONGER  『ばらいろポップ』・・・記念すべきCocco再始動のアルバム。ソロの頃とは違った清々しいCoccoの歌声が素敵。音楽を楽しむ事の素晴らしさが伝わってくる感じ。また、感想アップします。

洋楽
・NIRVANA 『NEVER MIND』・・・車の中の定番。凄くカッコいいだけに、カートの死はとても残念。
・BRITNEY SPEARS 『GREATEST HITS』・・・朝、何も考えたくないときにピッタリのポップス。ここの所、ロックばかっり聞いてきたけど、こういう音楽も結構必要かもと最近は思うようになった。

□The last CD I bought
(最後に買ったCD)

SINGER SONGER  『ばらいろポップ』

□Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me
(よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)

多すぎて難しい・・・取り敢えず洋楽・邦楽取り混ぜて、厳選の結果。思い入れの爆発。

・SOFT BALLET 『PARADE』…soft balletはどの曲も大好きで選べないけど、敢えて選ぶならこの曲。「wait for the sun」というフレーズが大好き。空に向かって魂が上昇していくようなイメージの曲。上っていく先は昇っていく朝日の輝く大空。最後は全てからの開放。全てが最後には一つになる感覚。音楽だからこそ表現できる感覚だと思う。
・SOFT BALLET 『Bright My Way』…soft ballet再結成後のマイ・ベストソング(←これも結構変わるけど)。曲も歌詞も大好き。最後のライブの時、聴いていて泣けてきた。優しさに満ちた曲だと思う。
・ends 『WHOLSTIC』…endsファーストアルバムから。今でもこの曲が大好き。遠藤遼一の哲学・基本理念が集約されていると思う。私から見て遠藤遼一という人物を最も端的に表していると感じられる一曲。
・BLANKEY JET CITY 『冬のセーター』…ブランキーの曲も好きな曲が多くって選べ無いけど、敢えて選ぶならこの曲。正気と狂気の間の薄い壁をつき破った瞬間の生々しさがあると思う。これを初めて聴いた時、鳥肌がたつと共にベンジーの天才を実感した。…ラヴリーな『SWEET DAYS』も捨てがたいけど、今回はこっちをチョイス。
・Depeche Mode 『Strange Love』…大好きなデペッシュ・モードから。初期の名曲。メロウで美しいメロディ・ラインと歌詞が大好き。絶対生で聴いたら号泣してしまうこと間違いなし!って感じなんですが、彼らの来日自体が今後あるのか…激しく疑問。

他にも邦楽・洋楽・クラッシックなどなどジャンル問わず思い入れのある曲は沢山あるのですが、現時点ではコレかなぁ。ホントはジャンルごとに分けてとか考えたけど、キリが無いので、このヘンにしときます。
しかし、予想に違わずこゆい結果になったと思う。いろんな意味で。

□Five people to whom I'm passing the baton
(バトンを渡す5人)

ごめんなさい。思いつきません。ぽと・・・。とバトンを落としてしまう。

2005.07.03

Buck-Tick/13th FLOOR WITH MOONSHINE 追加公演 大阪厚生年金会館・2日目

さてさて、今日も行ってきました。BUCK-TICKさんのライブ、2日目です。

ぶっちゃけ昨日のほうがライブの出来は良かったと思う。
でも、楽しいライブでした。長いツアーお疲れ様でした。

今日の気になった点。
①照明が暗すぎて席が悪かった私たちには良く見えなかった。どこに居るのかさえ分からないことが結構あった。多分照明だけじゃなく、ライブ中ずっとスモークをすこーしだけ焚いていた為、視界がぼやけてしまったのも見にくかった原因の一つではないかと思います。残念でした。一番最後のアンコールの時やっとスモークが晴れたのですが…凄く良く見えた。
②個人的な好みの問題で、昨日のほうが選曲が良かったと思う。これは、まあ、好き好きの問題なので、アレですが。
③演奏、唄のクオリティは昨日のほうが良かったと思う。まあ、ライブにノリノリの人には気づかない程度だと思うけど。トータルとしては、そのへんのバンドよりはずっと上手いですよ、もちろん。
④あと、あっちゃんの衣装・・・昨日のほうが良かったよう~。いや、別に今日のも良いのですが、シンプルなお洋服をお召しになった方がきっと更にお似合いだと思うのです。っていうか、昨日の衣装は凄くカッコよかった!フツーの黒ジャケット&パンツにスーツのベストと白いシャツに黒いリボンタイを着てただけなんだけど、超似合ってた。多分肩幅があるからスーツとか着映えするんだと思う。この人は何故かカメラが入ったりすると変な方向に頑張りすぎるような気がする。ある意味、サービス精神が空回りしてる感じかなぁ。そう思うのは私だけかもしれないけど。デコライティヴなお召し物より、シンプルなスーツとかタキシードとかのあっちゃんがただ単に私好みなだけかもしれないけど。

良かった点。
①メンバーはじめ、観客が皆心からライブを楽しんでいるのが凄く伝わってくる良いライブだったと思う。
②MCが非常に聞き取りやすかった。
③あっちゃんのパフォーマンスが非常に洗練されていた。これで終わるのが少し残念な感じ。多分、あっちゃんの中でもかなりこのライブの見せ方がはっきりとしてきたんだろうなぁって思った。

以上。

何にせよ、今回のように見せる要素の強いライブで、見えないというのは結構ハンディだと思った。凄く残念でした。まあ、今回珍しく、大阪がツアーのファイナルだったから、関東地方をはじめとして全国からファンが詰め掛けたコトもあるんだろうなぁ~席が非常に悪かったので、余計に見にくかったです。まあ、楽しいライブだったことは確かなので、良いのですが。

追加。今日のメンバー紹介は昨日の爽やかさとうって変わって、ちょびっとゴスチックって言うか、かっこいい感じのメンバー紹介で面白かったです。にんにん。

2005.07.02

Buck-Tick/13th FLOOR WITH MOONSHINE 追加公演 大阪厚生年金会館・1日目

今日はBUCK-TICKの追加公演でした。

阪急百貨店のバーゲンが昨日から開催されていたので、ライブ前にお買い物をしたりと非常に私にしては頑張った一日でした。

ライブは、このツアーの総決算って感じで、凄く完成された素晴らしいステージを見せてもらえたと思います。今回のアルバムとツアーでBUCK-TICKが表現したかったものが凄く良く分かるライブでした。面白かった。
このライブの初見のときに感じたシックな大人向けゴスって言うのが正しかったと再認識。ホンマに大人向けのゴスで楽しかった。シアトリカルな演出とか、世界観を大事にした選曲とか全てがきちんと噛み合っていて、完成されたステージを作っていました。見にいって良かった。久々にやられた~って思いました。中途半端なモノじゃなかったのが凄く良い!こだわりが随所に感じられて良かったです。

ゴスって中途半端だと安っぽくって、結構しらけたり笑えたりするんだけど、ここまで完璧にされてしまうといっそ感心して感動してしまいました。もともとそういう世界観は大好きだしね。見る側が一歩間違えたら置いてけぼりになってしまって難しいものになりがちだと思うけど、その世界観に観客を引き込んでしまえた今回のBUCK-TICKはほんとに凄いと思った。次はどうくるのかが楽しみになりました。

今回は道化師とかバレリーナとかのゲスト?もあって世界観を盛り上げてくれたので、見ていて楽しかったです。特にバレリーナは、バレエ好きとしては、ホンマに眼福モノでした。いや、世界的なバレエ団に所属しているダンサーとかと比べたらやっぱりアレだけど、今回のライブにはホンマに良くあってたし素敵やった。明日の2日目が楽しみです。

あっちゃんの歌も、今日は声の調子も良くって素敵やった。高音が綺麗に出ていて良かった。相変わらず丁寧に唄ってたし。ホントに素敵やった。
あっちやんが居てこそ今回のライブの世界観が完璧なものになったんだと思う。まあ、要するにあの美貌なんですがね。あの世界観にぴったりとハマるくらいの美形。観客を白けさせない程の迫力のある美貌と表現力があってこそ、今回のステージは完璧なものになったんだと思う。当然、ベースに全てをぶち壊しにしない歌と演奏のクオリティがあってのコトなのは当然なんですがね。いや、今回ほどあっちゃんの美貌をフルに生かしたステージはかつて無かったのではないかと思ったので。ホンマ中途半端な顔の人がやったら滑稽やで、アレは。

あとステージがゴスな割りに、あっちゃんのMCが今までに無くキュートで爽やかだったのが、妙に気持ち悪くて面白かった。・・・可愛かったけど。

最後に、このライブ(追加公演)を見たら本ツアーの足りない部分が気になった。って言うか、やれば出来るんなら最初からこのライブでツアーを遣れば良いのにって思った。追加公演ってコトでそのライブに付加価値をつける為の今回の演出かも知れないけど・・・でもねぇ、出来るならこのクオリティのライブを地方でもバンバンやっていろんな人に見てもらった方がいいと思うし、両方見たこっちとしては、何か前のツアーは公開リハーサルか???って少し思った。それとも、前ツアーがあったからこそ、今回のいろんなアイディアが出てきたのかな?・・・なら仕方ないか。何にせよいろんな人に見て貰うべきライブだと思った。完成度がある意味高いので。まあ、またゴスバンドとして世間から認識されるかも知れないけど。

2005.06.05

Buck-Tick/13th FLOOR WITH MOONSHINE 倉敷芸文館(BlogPet)

たまは、ここへ環でこをblogしないです。
ここへ環がblogしたかったみたい。
きょうたまは環で回数へblog♪
ここへ環はここへblogしなかった。
ここに回数をblogするつもりだった?


恐い思いをしたのです。
結構、人生初って勢いの激しさだったんで、忘れないように記録..


*このエントリは、BlogPetの「たま」が書きました。

2005.05.15

Cocco

私の大好きなCoccoがSINGER SONGERというバンドで音楽活動を本格的に再開するようです!!!
今、サイトで知りました。
凄く嬉しい。

SINGER SONGERのオフィシャルHPでは髪を切ったCoccoの清々しい笑顔のクリップが視聴できます。
何だか素直によかったなぁって思えます。
一皮剥けたみたいな清々しさを、彼女の歌声と表情から感じることが出来ました。

彼女の歌は、心や魂に溜まったモノを吐き出さずには居られないから吐き出してるって感じの生々しさと切実さがあったのですが、そういう狂おしい感じが今回の歌声からは感じられませんでした。すっきりとして軽やかに唄っている感じ。ホンマに良かった。
Coccoの歌声の追い詰められた感じとかに激しく共感していた人達に、どう受け止められるかは心配ではありますが、私は本当に良かったと思えます。楽しんで音楽をやってる感じが伝わってきて、良かった。

シングル・アルバムの発売が楽しみです。

January 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

鑑賞メーター

  • 映画・DVD鑑賞数
    koyukiさんの鑑賞メーター koyukiさんの鑑賞メーター koyukiの最近観たビデオ

読書メーター

  • koyukiさんの読書メーター
  • koyukiさんの読書メーター