Colin Farrell

2010.10.17

ウディ・アレンの夢と犯罪 

映画 2010年 20101010鑑賞
監督 ウディ・アレン 
出演 ユアン・マクレガー コリン・ファレル

感想
ユアンが兄でコリン・ファレルが弟役。
この兄弟がそれぞれの夢をかなえるために、叔父と取引をする。
その結果…二人がたどる道を描いた映画。

基本的にウディ・アレンの映画って、あんまり面白かった!って思った記憶がないのですが…主演の二人が好きなせいでしょうか。結構、面白かったです。
ありがちといえば、ありがちな話なのですが。

個人的趣向のせいもあるかもしれませんが、主演二人が良かったです。
だから、この二人のファンが見たら十分楽しめる映画だと思います。
ネタ的には古典的な映画ですが。

…でも、今、冷静に考えたら、この映画のウリってなんなんだろう?って思ったりして。
監督がウディ・アレンってだけかな?

2010.07.04

イノセント・ラブ

映画 2004年
監督 マイケル・メイヤー
出演 コリン・ファレル ロビン・ライト・ペン シシー・スペイセク

感想
脚本は原作者のマイケル・カニンガム。
ここ最近、ゆっくりと映画を見れていなかったので、この週末は映画を思う存分堪能したのですが…最近見た映画の中で、この映画が一番好きかもしれないです。

淡々としてるけど、哀しくて優しいトーンの映画。
家族とは、愛とは、家とは何かを考えさせられる映画。
人間関係、感情の複雑さを丁寧に描いているのが好き。
すごく繊細な映画だと思う。

特にヒロイン?のクレアの存在はすごかった。
とにかく、一歩間違えたら嘘っぽくなりがち、リアリティがなくなりがちな女性像のはずなんですが、納得できるし、彼女の感情や行動に共感できるところもあるのがすごいと思う。
男二人の微妙な関係の描写も、繊細でよかったけど、この三人の関係の複雑さと危うさがとにかく凄く説得力があってよかった。

セリフも良かった。
感情が伝わるシンプルで良いセリフがたくさんあった。
そして、すごく詩的で美しかった。
脚本がいいだけでなく、それを監督もきちんと理解して表現しようとしてるんだろうなぁ~って思えた。
だからバランスがいいんだと思う。

かなり好きな映画になりました。


2010.01.31

Dr.パルナサスの鏡

映画 2010年
監督 テリー・ギリアム
出演 ヒース・レジャー ジョニー・デップ ジュード・ロウ コリン・ファレル リリー・コール トム・ウェイツ(ミュージシャンなのに結構映画にでてるので、ビックリ!) クリストファー・ブラマー(…サウンド・オブ・ミュージックの大佐役の人やったんや!) というすげー豪華なキャスティング!

感想
テリー・ギリアムらしさが詰まった映画。
彼の今までの映画のエッセンスを詰め込んだ感じもある。
映像は凄くファンタジックで、美しく、また荒廃してたりして、凄く眼には楽しい映画。
ロンドンの街並みとか、見世物小屋のセットとかああいうのが凄く好きなので、素敵やった。
あと、鏡の中の世界の雰囲気も好き。
こういうテリー・ギリアムの世界観は好きなので、凄く良かった。

この映画では、ヒース・レジャーが楽しそうに演技しているのが印象的でした。
あとは、意外とジョニー・デップ ジュード・ロウ コリン・ファレル達の出番が少なくって…ちょっと残念でした。
ストーリー的には、鏡の世界と現実との整合性がどのように取れているのか分らない不可解さがあった。
ただ、これはヒースが死んでしまったのでこれ以上つめる事が出来なかったのかも…とも思ったり。

何と言うか、ちょっと説明不足なのが勿体ないけど、無理無理作った割には頑張っていたのでは…って思った。
っていうか、結局、あのストーリーは、1000年続いた博士と悪魔のゲームがメインって感じだったわ。
悪魔が博士を好き過ぎておかしかったですよ!

あ、あと日本でのプロモーションの仕方が好きじゃないです。
ヒースの死を敢えて前面に出すところが嫌だった。
人の死を商売の道具にするな!って思ったですよ。そーいう無神経なトコロが嫌です。

January 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

鑑賞メーター

  • 映画・DVD鑑賞数
    koyukiさんの鑑賞メーター koyukiさんの鑑賞メーター koyukiの最近観たビデオ

読書メーター

  • koyukiさんの読書メーター
  • koyukiさんの読書メーター