日記

2011.09.26

イタリアに行ってきた…。

イタリアに行ってきました。
初めてのイタリアだったので、ローマ、フィレンツェ、ベネツィアの定番コースですが。
たいそう素晴らしい旅行でした。はい。
…疲れましたが。

取り合えず、少し安んでから旅の記録とか写真とかアップしていきたいです。
機内で見た映画は不本意ながらすべて日本語吹き替えで『マイティ・ソー』『ソース・コード』『パイレーツ・オブ・カリビアン~命の泉~』でした。

簡単な各都市の印象としては
①ローマ 
遺跡だらけ教会だらけで、どうしたら良いのか…と思った街。
取り敢えず、本当にカトリックの総本山ヴァティカンがあるだけあって、本当に宗教的・歴史的に意味の大きな街だと思った。
ミケランジェロとベルニーニは素晴らしい。
②フィレンツェ
芸術を満喫できる街。
人間の作った最上の美を体感できる街。
特にリッピとボッティチェリの素晴らしさを実感できた。
③ベネツィア
街並みと風景が素晴らしい街。
一番、心が落ち着いた街。
モザイクとビザンチン様式の影響のある建築物が素晴らしかった。

同じカトリックの教会でも、その表現方法が時代や街の特徴によって違っているのが非常に興味深かったです。

取り敢えず散漫ですが、いったんこの辺りで。
また、きちんと書きます。

2011.06.19

嗚呼…現実逃避

課題のレポートが書いても書いても終わらず…だいぶ飽きてきました。
ほぼ山を越えたのですがね…あと一息、頑張って最終確認をして…ってトコロです。
取り敢えず自分のタイムスケジュール的には、遅れることなく滞ることなく進んでいるのですが…飽きました。
疲れました。

って事で、今年、遅めの夏休みでイタリアに旅行に行くのでそのホテルの手配なんかを並行して気分転換にやってます。
結構素敵なホテルが手配できそうなので、今からすっごく楽しみです。

予定としては
①ローマ
②フィレンツェ
③ヴェネツィア
の行程で、8泊10日の予定で行ってきます。
初めてのイタリアなので…よくある王道コース設定なんですが。

美術館と遺跡めぐりが旅のメインです。
あと、ヴァチカンにも行かないと!ですね。

心残りはミラノで『最後の晩餐』が見れないこと、くらいなのですが…全てを満たすほどの強行スケジュールは自分たちが後悔するだけだと思うので今回は諦めました。

昔はツアーや旅行会社の設定された旅行に行っていたのですが、去年のイギリス旅行から自分たちで旅行の手配を全てするようになりました。
これの良いところは、下調べを凄くするから、旅行前から色んなイメトレですっごく楽しめることです。
旅行中の予定とかをイロイロ考えながら、どこにホテルを取るのが便利かとか考えてると、いい気分転換になります。
あと、実際に目的地に行った時にも、既に頭の中に予備情報が結構入っているので、すっごく楽しいです。

ってことでかなりの気分転換ができるのですが、現実は厳しく。。。
嗚呼、課題が終わらない。

このレポートが終わったら、来週中にまた一つ大きな仕事があるのですが…イタリアの事を考えながら、乗り切りたいです。
ああ、早く夏休み取りたいなぁ。

2011.03.19

日本ユニセフ協会のこと

今日、友人から聞いてショックだったのですが…日本ユニセフ協会って募金したお金がすべて募金として使用される訳ではないんですね…。
かなりショックな事実です。

って事で、自宅に帰って自分なりに事実関係を調べてみました。
詳細は各自で調べて頂いて、判断して頂ければ良いと思うのですが…。

私個人としては、日本ユニセフのマンスリーサポート・プログラムの趣旨に賛同し、今まで寄付をしてきたので別に自分のユニセフへの募金が海外の子供たちのために使用されることは全く問題はないのです。
むしろその為に募金をしていた訳ですし。

ただ、私が引っ掛かった点は
①すべてが子供たちの支援に使用される訳ではなく、募金した金額の約20%程が経費として使用されていること。
②今回の東日本大震災への募金の呼びかけをトップページで大々的に行っているにも関わらず、それで集まった募金を他国の援助に回す可能性があること。

この2点です。
ちなみに、先に書いた通り私個人としては、別に困っている子供たちのために使用されるなら、それが日本だろうが海外だろうが構わないのです。
ただ、全ての人がそうじゃないだろうから、敢えて『東日本大震災緊急募金』とHP上に別コーナーを設けて大々的に募金を集める必要もないと思うのです。そこが疑問だしフェアだと思えないのです。
ついでに言うと、今まで災害の度に企画されていたマンスリープログラム以外の、『ハイチ地震緊急復興支援募金』とかも、全てハイチに送られたのかな?とか、そーいう疑問も一緒に発生してしまいます。(追記:その他の募金も同様の扱いらしいですね。今まで知らなかったです)

でも、何と言っても一番腑に落ちないのは約20%も募金したお金が差し引かれること。
つまり悪く考えると、災害がおこる度にお金が日本ユニセフ協会に集まる仕組みなのかなって思ってしまいます。

そもそもユニセフとは別組織っていうトコロが…どーなんだろ。
まあ、寄付を始める時にちゃんと調べなかった自分が悪いのですが、まさかこんな落とし穴があるとは思いませんでした。それがショックです。
きちんとユニセフに送られているお金もある訳ですが、それでも凄く残念感があります。
…たいした金額を募金していた訳ではないのですが。人生、色んな所に落とし穴ってあるんだなと実感した次第です。はい。


あ、あと最後に今回の震災がおきてから、私がtwitterで非常に共感したセンスのリツィートを紹介しておきます。
クリミナル・マインドのDr.リード役のmatthew gray gubler君の3月12日のRTです。

RT: Karen3amRT "Do you have family/friends in Japan?" everyone in the world is my family member and friend

2011.03.17

東北地方太平洋沖地震

3月11日に突然起こった、未曽有の災害。
被害にあわれた方々は、本当に大変だと思います。
心からお見舞い申し上げます。
私たちの援助の手が一日も早く、届くことを祈っています。
(被災地に救護班が辿り着く事さえ困難なようです)
そして、私たちはいつでも必要な時に、彼らの支えになれる自分たちでなくてはいけないと思う。
その為には自分たちのメンタル面の冷静なコントロールも大切だと思う。

すでに私の仲良くさせて頂いている職場の先輩が救護班として被災地に出発しました。
懇意にしている後輩も一緒に。彼らは私たちの代表です。
残った私たちは、彼らのいない職場を守ることが使命だと思っています。
そして、継続して被災地の支援が行える組織体制を維持することも重要な使命なのだとも思います。
きっと復興には膨大な時間と労力を要するから。
私たちが関心を持ち続け、支援を続けることが大切なんだと思います。
今だけじゃダメなんだと思う。私たちも腰を据えて、かからないと。

なんだか、徒然なるままにここまで書きましたが、一番言いたいことはコレ!

支援が必要なのは、今だけではないのです。

多分、今は国民全体の関心が高く、寄付・募金・献血など皆さん、何かせずにはおれない心境なのだと思います。その思いはともて貴くて、素晴らしいものだと思います。
心配なのは、今後です。
TVでも一般の番組が放送され始めました。
多分、こうやって被災地から離れた私たちは日常を取り戻していくのでしょう。
その中で私たちの関心が薄れること、これが一番心配です。
継続して支えていくこと、これを忘れずにいたいと思います。これは自戒の意味も込めて。
逃げられない人がいる、目を逸らすことができない人がいる、そのことを忘れずにいたいです。

ってことで、一応、寄付の受付先のリンクを貼っておきます。
日本赤十字社です。
http://www.jrc.or.jp/

お金はいくらあっても現時点では困ることはないと思うのです。
特に継続して必要なモノを必要な時に準備する資金となる、自由度の高さが良いと思います。
もし、寄付先をお探しの方がいらっしゃれば、ぜひ。

2011.02.28

祝!!アカデミー賞受賞!

取り敢えず、おめでたいので記念に。
日本の昼間の民放でコリンを見るとは思ってなかったので、仕事中にちらっと彼をTVで見た時にはびっくりしましたよ~!

ホントに良かったです。
そして、素敵なスピーチでした。

これからしばらくの間は、記念期間として一人コリン・ファース祭りを開催したいと思います。
…ただ単に彼の出演しているDVDを見るだけなのですが…。

最近は仕事が忙しくって、忙しくってなかなか更新できませぬ…。

2011.01.04

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

すっかり新年のご挨拶を忘れておりました。
…こーいう、うっかりさんっぷりが私らしさだと思っております。ええ。

今年もまたみんな無事に新しい年を迎えることができたことを、本当にうれしく思っております。
新しい年も楽しくって、心豊かな一年にしたいな~と思います!
皆様にとっても、素晴らしい一年となりますよ~に!


さてさて、今日から仕事始めの方も多いのではないかと思います。
お疲れ様でした。
私も実は今日から仕事だったのですが…昨夜、このブログのカテゴリーの整理を思い立ってしまいまして…夜中まで掛かってやっていたので少し寝不足です。新年早々アホですね~。
で、そのカテゴリーですが、このblogで名前がでる俳優さんの名前を追加しました。
ただ単にこの人が出てる映画なら見たいなぁ~って思う俳優さんに関しては、分かりやすいようにカテゴリーを作ってみたってだけで、あまり意味はないのですが…。分かりやすいかと思って、お試しに…。如何でしょうかねぇ?

それでは今年もよろしくお願いいたします。

2010.10.03

イギリス旅行記 ③

忘れないうちに…と思いながらも、ずいぶんと日が経ってしまいました。
とりあえず、写真だけでもあげておきます。文章はまた後日追加予定。

9月20日
電車でソールズベリーへ。ストーン・ヘンジを見にいきました。
ホテルの最寄りのウォーター・ルー駅から電車に乗って。
ちょっとロンドンから電車ででると、ずっと田園風景が広がります。結構田舎です。びっくりしました。
ってことでソールズベリーへはすぐについたのですが、ここはこじんまりとしたかわいらしい街でした。
駅からストーンヘンジまでバスが出ていて、それに乗っていきました。
Cimg1148_convert_20100927025850

野原に突然現れたストーンヘンジ。
柵がはってあって近づくことができませんでした。残念!
これを作った人の根性も凄いって思った。

で、この後も電車にのってバースへ。ローマン・バス見学です。
バースの街はすごくカワイイ街でした。
Cimg1152_convert_20100927030106


で、これがローマ時代の遺跡。
Cimg1168_convert_20100927030343


この日は、この後、電車に乗ってホテルまで直帰しました。
結構簡単に日帰りで行けるコースでした。おすすめ!!


翌21日。
この日はまず、ホテルから歩きでウエストミンスター寺院へ!
Cimg1216_convert_20101003215525

で、バッキンガム宮殿。
Cimg1241_convert_20101003215656

Cimg1247_convert_20101003215829

次はセント・ポール大聖堂へのリベンジ。別の角度からの写真。
現代と過去が調和した街並みが素敵。
Cimg1265_convert_20101003215928

セント・ポール大聖堂の上から見た、テート・モダン。
Cimg1268_convert_20101003220013

で、最後は帰りに見た夕焼けに染まる国会議事堂(別角度)とロンドン・アイ。

Cimg1273_convert_20101003220115

Cimg1279_convert_20101003220204

夕日に染まるビックベン。
毎日、ホテルから見てたけど、何度見ても美しくってため息が出ます。
Cimg1308_convert_20101003220317

ロンドンはホントに街並みが美しくって、公園の芝生も美しかったです。
あんなに美しい公園が沢山あるなら、そりゃ~公園でランチしたりぼーっとしたりするのは気持ち良いだろうなぁ~って思いました。
また、行きたいなぁ~。

もっと、書きたいけど、写真あげるので精一杯。
また、後日追加します。

2010.09.27

イギリス旅行記 ②

自分には写真の才能が、実はあったのではないかと勘違いしそうになる今日この頃。
無造作にとった割に、綺麗にロンドンの景色が切り取られていてうれしいです。

ってことで、イギリス旅行記の続き。
18日にナショナルギャラリーに到着してから…。

ナショナル・ギャラリーは素晴らしかったです。
これを無料で公開する太っ腹には感動いたしました。
コレクションの質・量ともに文句なし!の美術館でした。
ただ、あまりにもコレクションが充実していたため、満足した!ってレベルまで充分に見ることができませんでした。
それが凄く残念だし、勿体ない!って思いました。
私的には凄く贅沢過ぎる美術館でした。
また、行きたいしもっとじっくりと見ていたかったです。

ってことで、タイムリミットのため美術館を14時くらいに出発し、今度は大英博物館へ…。
しかし道に迷って…迷って…ピカデリーサーカスのエロスの像を発見!!何でだ???
Cimg1030_convert_20100927145618

沢山人に道を聞きました(>_<)
結構ふつーに可愛い女の子もコックニー訛りなのかな?聞き取りにくい英語だったりして…びっくりだった。
でも、頑張って歩きまくりようやく到着の大英博物館…の裏口。
Cimg1033_convert_20100927145937

大英博物館自体は…色んな国から金と力にモノをいわせて集めまくった品々で一杯でしたよ…。
とりあえずね、一か所でしかもタダでこれだけのコレクションを拝見できるのは嬉しいのですが、かつての大英帝国のなんだろ…ある意味、強欲さ?にはちょっとビビったですわ。
すっごく大きなものもあって、それを自国に持ち帰る根性に私は感心しました。
どーやって運んだんだろ?って思える巨大な彫像類や仏像には、真剣に感心しました。

で、改めて正面玄関をご紹介。
Cimg1053_convert_20100927024226

で、この後、あまりの寒さに上着を買おうかと思い、街を徘徊したのですがあまりいい品がなく…諦めてこの日の夕食(イタリアン!美味しかった!!)を食べたのちホテルへ帰りました。
帰りに通りかかったウエストエンドは、ホントに劇場がいっぱいで猥雑な感じが面白かったっす。

翌19日。
この日はあいにくの曇り空。前日より更に寒かったです。
(迷ったせいで)歩きに歩き、くたびれた前日の反省を活かし、この日からは地下鉄で移動しました。
まずこの日は、あまりの寒さのため友人のご厚意でアバクロンビー&フィッチに最初に行って、上着を購入。
A&Fの服は…可愛かったっす。すげー満足です。

で、この日の最初の訪問場所のロンドン塔へ!!
Cimg1071_convert_20100927024553

曇り空がムード満点です。
ですが、補修工事中なのが残念です。

次の写真はロンドン塔から見えるタワー・ブリッジ。
珍しく、橋が上がっているのがポイントです。
今では1日に数回しか跳ね橋が上がらないとのことなのです。

Cimg1081_convert_20100927024845

そして、タワー・ブリッジ全景。
素敵です。

Cimg1091_convert_20100927025014

次の訪問場所は日曜日のためしまっていましたが、セント・ポール大聖堂。
外からの訪問でしたが、あまりに素敵なため後日再訪問することを友人と誓って…そのままミレニアム・ブリッジへ。

Cimg1103_convert_20100927025242

Cimg1104_convert_20100927025359


対岸のテート・モダン。塔の先端が切れていて残念な写真です。

Cimg1105_convert_20100927025446

次はテート・モダンのそばの川岸からの景色。
『ラブ・アクチュアリ-』の映画で見たのと似た風景に嬉しくなりました。

Cimg1107_convert_20100927025532

そして、最後はホテルへの帰りによった海軍門。
暗いのが残念です。
ちなみにこの時、バッキンガム宮殿にもよったのですが、とーぜん暗くって…残念でした。

Cimg1112_convert_20100927025705

この日は、これで終了。疲れ果てて、晩ごはんは…覚えてないなぁ…。

2010.09.24

イギリス旅行記 ①

行ってきました!憧れのイギリスへ!!
ってことで、忘れないうちに忘備録的に記録を残していこうと思う。
ぶっちゃけ『おのぼりさん日記』になるんだろうけど…新鮮な目で見たイギリスということで…ご了承を。
時々修正や追加をしながら、完成させていく予定ってことで、始めます。

まず出発は9月17日朝。
途中で乗り換えがうまくいかず、現地時間17時ごろ到着予定だった予定が2時間遅れの到着となりました。
根性のない私たちは、ヒースロー・エクスプレスに乗り、パディントン駅からはタクシーで滞在予定のホテルまで直行…。
しかし到着は、日本の自宅を出発してから…24時間以上経過後となりました…。さすがにしんどかったっす。
それでもタクシーで素敵な夜のロンドンの街の風景に狂気乱舞!したのですが、意外と夜間の人通りは少なかったな~。

で、爆睡後の9月18日朝!
すごくいい天気!でも肌寒かったです。
まずは、ホテルのすぐそばのナイチンゲールの働いていた病院の写真をパチリ!!

Cimg0963_convert_20100924180005

そしてテムズ川からのビックベン
風になびくユニオンジャックが素敵でした。

Cimg0968_convert_20100924180110

テムズ川を渡って、ナショナルギャラリーに向かう途中で、オジサマが「どーぞ、見ていってください~。オープン・ハウスで~す」って言ってたので、何かなぁ~って思って見たら…首相公邸だった!!
ってことで、その流れで首相公邸の内部を少し見学…残念ながら写真は撮らせてもらえませんでした…。

その後、さらにテクテクと道を進むと、ホーズガーズが!!
素敵な衛兵さんに私の目は釘づけに!

Cimg0974_convert_20100924180328_2

ちょうど、衛兵さんの交代式のお時間だったみたいで、写真を一緒に取った後、そのまま彼らは交代式に…。

Cimg0986_convert_20100924180451

素敵やった。
バッキンガム宮殿の方からやってくる黒い服を着た衛兵さんと、今まで勤務してた赤い服を着た衛兵さんの交代式をしてました…。すっごく近くで見れて感激でした。
しかし、こーゆうことを脈々と続けているのって凄いことですよね。
ほとんど観光客の見世物と化してましたが…。伝統を守る姿勢が凄いわ~って思った。

で、そのまま更にに道を進むと…見えてきましたトラファルガー広場とナショナル・ギャラリー!!

Cimg1002_convert_20100924180720

Cimg1013_convert_20100924182621

とりあえずは、いったんここまでで、休憩…。

2010.01.31

…プリンス・オブ・ペルシャ (>_<)

現在、じみーにジェイク・ギレンホールの映画を見ているのですが…とうとう彼はやっちゃったかもしれません…。
何をって…ああ、微妙にショックです。

とりあえず、『プリンス・オブ・ペルシャ』の役作りのために、マッチョ化してるなぁ~とは思ってたのですが…。
今日、この映画のトレイラーを見て、衝撃を受けてしまいました…。
まあ、興味のある人は見てみてくださいな(>_<)

あああ…なんか、あまりにも凄すぎて突っ込む事も出来ません。
誰かディズニーに加減ってものを教えてあげてください!
いや、映画見たら、凄く面白いのかもしれませんよ?
しかし、今までの役柄とあまりにも!あまりにもかけ離れた…アクションとSFXが過剰に!満載な感じの映画っぽくって…彼の演技面での良いトコロが活かされているのか?…既に心配です。
『パイレーツ・オブ・カリビアン』(…タイトルのパターンも一緒やな…)のジョニー・ディップみたいに強烈なキャラじゃなさそうなのが辛いです。あれくらいの役なら、凄く楽しみやったのに…。
OMG!OMG!辛いわ。

映画を見て、面白かったら良いのですが、あまりの過剰さにちょっとビビってしまいましたよ。
何事もToo Machはよくないと思うのです。

彼の選球眼(?)を信じていただけにちょっぴりショックかも…(>_<)

January 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

鑑賞メーター

  • 映画・DVD鑑賞数
    koyukiさんの鑑賞メーター koyukiさんの鑑賞メーター koyukiの最近観たビデオ

読書メーター

  • koyukiさんの読書メーター
  • koyukiさんの読書メーター