Emma Thompson

2010.03.31

エンジェルス・イン・アメリカ

ドラマ アメリカ 2005年
監督 マイク・ニコルズ
出演 アル・パチーノ メリル・ストリープ エマ・トンプソン メアリー=ルイーズ・パーカー ジェフリー・ライト

感想
名作だと思う。
へヴィーだけど、見る価値がある。
俳優は全員、素晴らしいし、ストーリー・脚本も素晴らしい。
特にアル・ハチーノは最高!鬼気迫るものがあった。
メリル・ストリープも凄かった!

舞台は1980年代のアメリカ。
ゲイのエイズによる死亡がピークを迎えた時代。
一人のゲイの男性がエイズに罹患する。彼がメインの主人公だと思う。
その時、彼のパートナーの男性はどうしたのか?友人はどうしたのか?
また、一人の権力者もエイズに罹患。その時、その男はどうしたのか?残りの人生をどう過ごしたのか?
この権力者の部下は、モルモン教の男性。彼は自分がゲイだとは認められない。妻は精神的に不安定で、二人の関係は上手くいっていない。彼はどうするのか?そして妻は?そして彼の母親は?
これらの登場人物たちのストーリーが描かれています。

登場人物のそれぞれの宗教観・政治的価値観・倫理観・人生観などの価値観や、人種問題がきちんと描かれ、その上での登場人物同士の関係の変化が描かれています。
だから説得力がある。
エゴのぶつかり合い、感情のすれ違い、人間の弱さ、ふっとした時の優しさ、愛情が描かれています。
むっちゃ、リアルなドラマだと思う。

このドラマでは、たまたま主人公がゲイでエイズに罹患してるんだけど、この病気を他の死にいたる病に置き換えてみると非常に一般的な話にもなりうると思う。
一般化しうるって事は、それだけ普遍的な問題を描いているってことだと思うのです。
人間の本質的な問題を取り扱っているんだと思う。
生きるとは?死ぬとは?人生の価値とは?また、何に価値を置いて人生を生きるのか?って事などなど。
他にもいろいろあるんだけど。
ただ、主人公たちがゲイでエイズに罹患しているという事によって、問題は更に複雑にはなっているんだと思うのですが。それでも、きちんとまとめきったこのドラマは素晴らしいと思います。
妥協が無かった。

基本的にこういう映画のゲイの人たちって、美化されがちっていうか、こんなにみんな良い友人と家族に恵まれているのかなぁ~って思ったりする事があるのですが、このドラマにはそういうご都合主義的な美しさはあまりないのです。ひたすら衝突し、傷つき、求めます。そこにあるのは人間のエゴです。これを見つめ、認め、許すことがどんなに困難なのかまで描かれています。
これは本当に凄い事だと思うし、勇気のいる事だったと思う。

以下は私見ですので隠します。
生死に関するへヴィーな内容なので…勇気のある人だけ見てみてください。
あまり見る事はお勧めしません。


Continue reading "エンジェルス・イン・アメリカ" »

2009.11.04

ラブ・アクチュアリー

映画
監督 リチャード・カーティス(ブリジット・ジョーンズの脚本家らしいっす。超納得の映画!)
出演 リーアム・ニーソン ヒュー・グランド コリン・ファース エマ・トンプソン キーナ・ナイトレイ アラン・リックマン

感想
凄く良い映画だった!
大好きだ!
イギリスの有名どころの俳優が多数出演しています。
ホンマに、面白かった。
笑いあり、感動ありの映画。

『いつか晴れた日に』に出ていたエマ・トンプソン、ヒュー・グランド、アラン・リックマン。
『プライドと偏見』出演のキーナ・ナイトレイ。
BBCドラマ『高慢と偏見』『ブリジット・ジョーンズ』のコリン・ファース。
そしてリーアム・ニーソン(素敵やった!)
ホンマに凄い俳優さんを揃えたものです。
…これでユアン・マクレガーがでていたら、私にとって最高の映画やったかも…。
登場人物が多いにも関わらず、話は奇麗にまとまっていて、しかも面白い。

絶対何度でも見たい映画リストにランクインしたので絶対DVDを買おうと決心しました。
落ちぶれたロック・スター(ビル・ナイ)の歌う歌のPVがロバート・パーマーみたいで、かなり笑わせていただきました。
あと、ヒュー様が『ラブソングができるまで』みたいに踊っていたのが、またサイコーにおかしかったっす。
ホンマにこの映画、大好きですわ~。

…今、ヒュー・グランドのキャリアを調べていて、気づいたのですが『ケン・ラッセルの白蛇伝説』に出演していたんですね…。この映画、ごっつい昔に絶対見たのですが、全然内容が思いだせない…ヒュー様…出てたんや…。
感想を残さないと、やっぱり人は忘却するのですね…(>_<)

2009.09.22

いつか晴れた日に

映画
出演 エマ・トンプソン ケイト・ウィンスレッド
監督 アン・リー

感想
アン・リーは凄いな!って思った。
やっぱり描写が丁寧だと思う。
同じアジア系だからなのかな?
この人の凄く表現したい事が伝わりやすいのかも。

で、エマ・トンプソンは…この作品の脚本も書いているとか。凄いね!
英国の知的で抑制のきいた女性を演じると、ホンマに上手いと思う。
美人じゃないけど、凄く好きになった。

で、敢えて出演者に名前を書かなかったヒュー・グラント。
登場場面は少ないけど、なぜかDVDジャケットには常に顔がでている…。
ネーム・バリューのせいか?
この映画の彼はヘタレ・キングと呼ばせて戴きたいわ。
私はヒュー・グラントより、ブランドン大佐役とパーマー氏役の俳優さんが、凄く良い味を出していたと思う。
もちろんヒュー・グラントも良かったけどね!

登場人物が非常によく描かれていて、厚みがあるドラマになっていたと思う。
ジェーン・オースティンの『分別と多感』が原作との事。
ジェーン・オースティンって読んだことないんだけど、面白いのかなぁ~?って思った。

2009.09.17

日の名残り

映画
出演 アンソニー・ホプキンス エマ・トンプソン
監督 ジェームズ・アイボリー

むっちゃ、良かったです。
アイボリーの映画を見るのは久しぶりなのですが…凄く良かった!
ぶっちゃけ、まず原作を読もうと思って、買ってたのですが、どーも最近、本が読めないので先にDVDを見ようと思って、見たのです。
想像以上に良かったです。

まず、主演の2人が良いです。
ホプキンス演じる主人公の不器用さが凄く良かったです。
エマ・トンプソンの演じる、品があり教養もある女性像にも好感が持てました。
あと、アイボリーらしいイングランドの背景の描き方が非常に、良いです。
昔よりずっと、アイボリーの映画の良さが分かるようになってきたのかもしれないです。
淡々としていながらも、感情の動き、高まりがきちんと描かれているのが良いです。
あと、ラストも好き。
凄く好き。

ちょっと、アイボリーの昔の映画を見直そうかと思ったりしました。

January 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

鑑賞メーター

  • 映画・DVD鑑賞数
    koyukiさんの鑑賞メーター koyukiさんの鑑賞メーター koyukiの最近観たビデオ

読書メーター

  • koyukiさんの読書メーター
  • koyukiさんの読書メーター