Ewan McGregor

2011.01.14

ヤギと男と 男と壁と

映画 2010年
監督 グラント・ヘスロヴ
出演 ジョージ・クルーニー ユアン・マクレガー ジェフ・ブリッジス ケビン・スペイシー 

感想
ダジャレが楽しい映画でした。
アメリカに実在した超能力部隊をネタにした殆ど実話(…)らしい映画です。

淡々とおかしなネタがつづられていて…それを演じているのが超豪華キャストっていう…不思議な映画。
大爆笑って感じのネタではなく…淡々と笑えるのです。
映画のテンポも面白いですし。
ただ、それ以上の何かがあるわけではないので…全体的にゆるーく、淡々とした印象の映画。

もージョージ・クルーニーが真面目な顔しておかしなことをしているのが…すげー可笑しいです。
ユアンが『(自称)現代のジェダイ』を取材するジャーナリストってキャスティングもおかしいですし。
このキャスティングを考えた人って、ユーモアのセンスがあると思うのです。
それに出演するユアンもユアンですが…。
ユアンがすっごく可愛くって、ユアン・ファンはクラクラすると思います。

こーゆうバカバカしい映画って、結構好きです。
…年明けからバカバカしい映画ばっかり見てますが…結構楽しいですね!

2010.10.21

フィリップ 君を愛してる!

映画 2010
監督 グレン・フィカーラ ジョン・クレア
出演 ジム・キャリー ユアン・マクレガー ロドリゴ・サントロ

感想
取り合えず、感想がたまりにたまっているので、一言ずつでも書いていく

凄く面白かった。
映画のテンポも良いし、全体的なセンスも良い。
で、ストーリーも面白い。
笑いながら楽しめる映画。

価値観とか倫理観的にはどーかなぁ~って思う2人だけど、あまりにも純粋なので、笑ってしまうのです。
ユアンの演技がちょーキュートで…素敵でした。
きっとユアンは撮影中、すっごく楽しかったんじゃない?って思える映画でした。
ロドリゴ・サントロは相変わらずのパーフェクトな美貌でしたし!

多分、何べん見ても笑えるし楽しめると思う。

2010.10.17

ウディ・アレンの夢と犯罪 

映画 2010年 20101010鑑賞
監督 ウディ・アレン 
出演 ユアン・マクレガー コリン・ファレル

感想
ユアンが兄でコリン・ファレルが弟役。
この兄弟がそれぞれの夢をかなえるために、叔父と取引をする。
その結果…二人がたどる道を描いた映画。

基本的にウディ・アレンの映画って、あんまり面白かった!って思った記憶がないのですが…主演の二人が好きなせいでしょうか。結構、面白かったです。
ありがちといえば、ありがちな話なのですが。

個人的趣向のせいもあるかもしれませんが、主演二人が良かったです。
だから、この二人のファンが見たら十分楽しめる映画だと思います。
ネタ的には古典的な映画ですが。

…でも、今、冷静に考えたら、この映画のウリってなんなんだろう?って思ったりして。
監督がウディ・アレンってだけかな?

2010.07.11

ステイ

映画 2007年
監督 マーク・フォースター
出演 ユアン・アクレガー ナオミ・ワッツ ライアン・ゴスリング

感想
看板に偽りありの映画だと思った。
DVDの紹介に『衝撃のサイコ・スリラー』って書いてあるんですけど…サイコ・スリラーっていうのとは違うと思う。
映画自体は面白かったですが…なんかラストが予想していた方向性とは全く違って…意外すぎて、そこに驚きました。
むしろ、すごく切なくって優しくって不思議な映画ではないかと思うのです。
このギャップはびっくりですよ。めったにない驚きでした。

ユアン演じる精神科医が「21歳の自分の誕生日に自殺する」っていう患者(ライアン・ゴスリング)を止めるために頑張るって感じの映画。
ナオミ・ワッツはユアンの恋人役。
すごく綺麗だった。

ストーリーはあまり書くとネタバレになるので、書けないのですが私は良い話だと思った。
あとカメラワークとか見せ方がすごく面白くって、そこも良かった。
で、ストーリーも私は好きです。
生と死を扱った映画。

余談ですが特典として臨死体験者のインタービューが入っています。
結構、この人たちの言っていることが分かるっていうか、納得するものがあったのですが…。
それは私だけでしょうかねぇ…。
最近、死ぬことって、そんなに悪いことじゃないんじゃないかなぁ~って思うのです。
自殺とかはダメだと思うけど。
普通に生きて、その最後に死があるのって、自然なことで別に悪いことじゃないんじゃないかなぁ。
こういうことを、死を近くに感じている人と話すときに伝えたいなぁって思うのですが、きっと本来の日本人的な価値観ではなかなか受け入れられない発想であり価値観なんだろうなぁ~って思って躊躇ってます。
死を恐れるより、どう生きるかをもっと突き詰めて考えたほうが良いのかも?って個人的には考えるようにしています。
なんか、そんなことを考えさせられた映画で、面白かったですよ。

ユアンもかわいかったし。

2009.12.06

ベルベット・ゴールドマイン

映画 1998年
監督 トッド・ヘインズ
出演 ジョナサン・リース・マイヤーズ ユアン・マクレガー クリスチャン・ベイル

感想
再見の映画。初見は…多分ビデオ発売時。
ブリテッシュ・ロック、特にグラムロック好きにはたまらない映画。
で、デビッド・ボウイ好きには面白いっす。
多分、凄く当時のボウイに思い入れのある人にはアレかもしれませんが、後追いファンには当時の空気感が感じられて面白いと思う。
音楽も凄く良いんだぜ!

ジョナサン・リース・マイヤーは凄く美しく、実際のボウイよりあざとさがない分、エゴイスティックな繊細さを感じた。
あとユアン。彼はイギー・ポップとかルー・リードぽいステージングが面白かった。
…そしてやっぱり脱いでいるよ…。ちなみに、この映画は修正ありでしたよ…。
クリスチャン・ベイルは若いころの彼のメイクが…わざとだろうけどほほえましかったですよ。
この人…うすうす気づいていましたが、イギリス人にしては珍しくなで肩ですよね?
なんか可愛いわ~。なで肩が。

しかし映画全体的にみると…過去と現在が入り混じって、しかも唐突な表現とかもあって…意味不明な点が多々あります。
空気感や感性的には凄く好きな作品なんですが、映画全体を見ると結局…やっぱりよー分らん…ってなってしまう映画だと思う。
これは初見時にも、確かよー分らんって感じた記憶があるので…まあそういう映画なんでしょうって思った。

美しいジョナサン・リース・マイヤーと若き日のユアンとクリスチャン・ベイルが楽しめる映画。
あとファッションと音楽を楽しめる映画。

以下ネタばれのため隠します。

Continue reading "ベルベット・ゴールドマイン" »

2009.11.23

ムーラン・ルージュ

映画
監督 バズ・ラーマン
出演 ユアン・マクレガー ニコール・キッドマン

感想
再見。初見は劇場公開時。
バズ・ラーマンとニコール・キッドマンが好きで見に行った記憶が…。
その時の感想としては、音楽と演出が凄い良かったって記憶があります。
で、その時はユアンは声の良い俳優さん程度の認識でした…。

ユアン・ファンとなった今、見直すとユアンは超可愛いし、歌も良い。
しかもニコール・キッドマンはめっちゃビューティフルやし。
多分、このころが一番キレイなのではないか…と思ったり。
音楽はやっぱり何回聞いても良いですし、演出もバズ・ラーマンらしく凄く良かったっす。
演出・音楽・衣装が素敵で、ホンマに音楽の使い方が凄く良かったです。
ミュージカルならではの音楽のパワーを感じた。
音楽の使い方も、不自然ではないし。
また、使われている曲がオリジナルではなくって、いろんなジャンルの音楽が効果的に使われているのが素敵です。
ポリスの『ロクサーヌ』とかマドンナの『ライク・ア・バージン』とかの使い方が凄く好き。
で、ユアンの歌が凄く良いっす。
『Your Song』は何回聞いても良いです。
ユアンの映画の中でもかなり上位にランクインする位良くできた映画ではないかと思いました。

…トコロでバズ・ラーマンって最近、なんか映画撮ってましたっけ?ってちょっと気になりましたよ。
→今、調べたら『オーストラリア』って彼の映画やったんですね…。ニコールとヒュー・ジャックマンと監督…オーストラリア出身者で作った映画やったんか…。

2009.11.03

ユアン・マクレガー 大陸縦断バイクの旅 Long Way Down

ドキュメンタリーDVD

ユアンと友人チャーリーのバイク旅行のキュメンタリーDVD第2弾。
今度はスコットランドから南アフリカのケープ・タウンまでバイクで旅をした記録。

正直言って、前回ほど楽しめなかったです。
ユアンが多分、前回ほど無邪気に旅を楽しんでいる感じが伝わってこなかったからかな。
今回はなんとなくビジネスの香りがした気がする。
旅を楽しむ以外の要素が、沢山入っていたからかも。
なんにせよDisc2まではスムーズに見れたのですが、Disc3にユアンの妻のエバが登場するのでちょっと見るのがためらわれて…今まで見てなかったのです。

私は彼女のように『女』を強く感じさせる人は苦手なんだと思う。
凄くユアンと仲が良いのは良いのですが。
ただ…あまりにも『女』でありすぎる…。
だから凄く彼女のありようが怖くって…困った。
エバが頑張った根性は認めるし、ユアンも楽しそうだったから良いのですが…。
なんか、ちょっと嫌な人間関係のしがらみがうっすらと感じられるのが、ちょっと苦手かも。
リアルって言ったらリアルなんだけどね~~。

2009.10.27

天使と悪魔

映画
監督 ロン・ハワード
出演 トム・ハンクス ユアン・マクレガー

感想
…原作より、ラングドンの超人ぶりが控え目で、私は良かったです。
原作でのあまりの超人っぷりに、ちょっとひいてしまったので。
これくらいのラングドンの方が私は学者っぽくって好きです。
ロマンス系のお約束展開がなかったのも、さらにGOODでした。
事件解決、なぞ解きにフォーカスした映画自体が面白かったです。
よー分る展開やったし。
トム・ハンクスはやっぱりうまいなぁ~って思った。

『天使と悪魔』っていうタイトルですが…原作読んだときは気づかなかったのですが…もしかして、ユアン演じるカメルレンゴの事なんでしょうか?
なんか、ユアンのエンジェルっぷりと、小悪魔っぷりがエンジョイできる映画でしたよ。
ロン・ハワード、グッジョブ!って思った。
基本、ユアン好きなのでユアンに偏った見方をしてると思うのですが、あのしゃべり方とか凄く聖職者っぽくって良かったです。
聖職者の衣装も似合っていたし。
ユアンのコスプレ映画って見ても面白いかも…。
っていうか、ユアンのコスプレものって珍しいですよね?
オビ=ワン以外の特殊衣装って、スコットランドの民族衣装しか思い浮かばないのですが…。
って事で、そういう意味でも貴重な映画かも~~。

2009.10.23

リトル・ヴォイス

映画
監督 マイク・ハーマン
出演 ユアン・マクレガー ジェィン・ホロックス

感想
『ブラス!』の監督の映画。
非常に良かった。
ラストには笑顔になれる映画。
主人公のLV(リトル・ヴォイス)を演じるジェィン・ホロックスも可愛いし、ユアンも可愛かった。
LVの母親も、その彼氏のスカウトマンも、近所の母親の友人も何と言うか…むっちゃリアリティがあった。
LVとの関係とか…もー共感は出来ないけど、なんかこんな人いるよなぁ~って思ってしまった。
悪気なく繊細さに欠ける人。こんな人が母親だったら辛いと思う。
凄く脚本とか演出が良いのと、全体的に役者さんが芸達者なんだと思う。どの役者さんも凄かった。
あと、音楽も良かった。

現実的、実利的、利己的に動いてしまう大人と、繊細な引き籠り少女(LV)の関係が…凄くよく描かれていたと思う。その中でのLVとユアン演じるハトを育てる青年との関係が非常に優しく描かれていて、そこが凄く良かった。
LVの自分の部屋以外での居心地の悪そうな演技とか、ユアンとの関係が近づいていく様とか、凄く可愛くってよかったです。
ラスト近くのLVの叫びと、外の世界に踏み出していくLVの姿に爽快感があったです。
LVと周囲の人間との関係が、とても丁寧に描かれていて、周囲の人間像もよくわかるので、説得力があってとても良いのだと思った。

同時収録されていた、ユアンの短編フィルムが…一発芸的なフィルムで…ポカンとあいた口がラストまでふさがらない面白さ(?)があったですよ…。
なんかDVDが欲しくなった映画でした。

2009.10.21

猟人日記

映画
出演 ユアン・マクレガー ティルダ・スウィントン

感想
…ティルダ・スウィトン、年取ったなぁ~って実感した映画。
デレク・ジャーマンの映画や『オルランド』の彼女が大好きだったのですが…。
『コンスタンティン』の時はあまり年齢を感じさせなかったのに…役柄のせいもあると思うのですが、凄く年をとったなぁ~って思いました。
それだけ、うまい俳優さんってことなんだと思います。
ユアンの映画にしては…よー分らん映画でした。
ただひたすらユアンが、いろんな人とHしまくる映画…って印象でした。
それだけ、空虚な役って事なんだと思うのですが。

結局、映画のテーマが良く分らなかったです。
残念です。
多分、夢と現実とのギャップを実感し、虚無的な生き方をしている男の話って事かなぁ。
それなりに愛情とか良心とかもあるけど、全てが中途半端な男のお話って事かな。
それでも人生は続いていくのだ…って事かな。不条理でも。

原題は『Young Adam』…それも、意味不明なり…。
すみません。
ホンマに分りませんでした。
音楽はデヴィッド・バーンだったぜ。
ユアン的には今までなかった役を演じた意欲作ではないかと思う。
演技にも、かなり抑えたリアリティがあったし。
ティルダ・スウィントンの演技もリアリティがあって良かったし。

January 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

鑑賞メーター

  • 映画・DVD鑑賞数
    koyukiさんの鑑賞メーター koyukiさんの鑑賞メーター koyukiの最近観たビデオ

読書メーター

  • koyukiさんの読書メーター
  • koyukiさんの読書メーター