Paul Bettany

2011.03.21

ツーリスト

映画 2011年
監督 フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク
出演 アンジェリーナ・ジョリー ジョニー・デップ ポール・ベタニー ティモシー・ダルトン ルーファス・シーウェル

感想
…とりあえず、アンジーの化粧が濃くって…怖かったです。
クラッシックな美貌の上流階級の女性ってイメージだと思うのですが、誰よりも何よりも存在感自体が濃くって、ちょっとどーしようかと思いました。
もともとアンジーの事は、好きなタイプの顔立ちだし女性としても憧れる部分もあったのですが…それだけに残念な感じでした。

それに対してジョニー・デップの存在感があまりに自然で。
最後までこの二人の組み合わせはアンバランスな印象でした。
…それ故に結果として、オチに全く説得力がなかったのかも。
無理があると思うのよ。あのラストは…。

もともと映画自体の評価があまり良くなかったので、私もあまり期待はしていなかったのです。
ただ、ポール・ベタニーが出てるから、見とかないと!って思っただけで。
で、ポール・ベタニーの出番は結構多かったので、その点に関して私としてはまずます満足できました。
彼のスーツ姿も相変わらず素敵でしたし。

あとルーファス・シーウェルが出ていたので、てっきり重要な役かと思っていましたが…意外とがっかりな役で残念感満載でした。

ベニスの風景、ゴージャスなアンジーなどをお気楽に楽しむには良い映画かと思います。
基本的にミーハー視点で映画を見ているので、結局評価もミーハー視点なのです。にんにん。

2010.10.21

デッド・ベイビーズ

映画
感想
ポール・ベタニーが素敵!以上!!って映画です。
主人公の役です。
『退廃的なインテリ』っぽく自己演出しているんだけど、実は…って感じの彼が素敵でした。

それ以外には…コメントに困る映画。
ポール・ベタニーファンは美しい彼が見れるので一見の価値があります。

2010.10.11

レギオン

映画 2010年 20100925鑑賞

監督 スコット・スチュワート
出演 ポール・ベタニー デニス・クエイド 

感想
…お金のかかった『Supernatural』(アメリカのTVドラマ)みたいな映画。 
神が人間を見捨て、天使たちに人間を滅ぼすよう命令する。しかし大天使ミカエルだけは神の指示に逆らい人間の味方として戦う!!って映画。

で、このミカエルがポール・ベタニーの役どころです。
なんかね、ストーリーだけでも十分『Supernatural』っぽいのですが…敵(この場合は天使なんだけどね)の登場の仕方とかキャラ設定とか、なんか色んなところがホンマに似てる…。つまりアメリカ的には天使とか悪魔とかはそーいうイメージなのかなぁって思ったり。
でね、さらにびっくりなのは、Supernaturalでサム(主人公兄弟の弟)の恋人ジェシカ役を演じていた女の子がヒロイン役なんですよ。もーびっくりしましたよ!!
一体私は、今、何を見てるのか??ってホンマに思いました。
ってことで、この映画はポール・ベタニー主演のSuprenaturalの映画版って感じなのです。ハンターの兄弟は出てこないけど。

あと、実際の戦いが肉弾戦なあたり、『ゴッドアーミー』にも通じるセンスを感じます。
…つまりB級なんです。はい。分かってます。結構好きなんですけど。

この映画のポール・ベタニーはふつーにカッコ良かったですよ!!

ビクトリア女王 世紀の愛

映画 2010年 20100905鑑賞
監督 ジョン=マルク・ヴァレ
出演 エミリー・ブラント ルパート・フレンド ポール・ベタニー

感想
ヴィクトリア女王と夫のアルバート公が出会い、結婚するまでを中心に描いた映画。ラブストーリー+歴史ものって感じ。メインは二人のラブ!です。

アルバート公もヴィクトリア女王もキャスティングはぴったりでした。二人とも可愛かった!
特にルパート・フレンド演じるアルバート公が素敵でしたよ。
で、ポール・ベタニー。彼はメルボルン卿の役。
…やっぱりもみあげが似合いません!!
なんか、主演2人が若くって溌剌としてる分、ちょっとポール・ベタニー老けたなぁ~とか失礼なことを思ってしまいました。

とっても盛りだくさんな内容になりがちなところをスッキリとポイントを絞って映画が作られていたので、分かりやすく見やすい映画となっていました。あの時代に興味のある人には面白いと思います。
よく語られているとおり、この二人が実際に相思相愛だったなら、凄く素敵なカップルだったんだろうなぁ~って思いました。

とにかくアルバート公が凄く賢くて、立派な方だった事が伝わる映画でした。
いや!ホンマにマジでこの人はよーできた人ですよ!
なかなかプライドが高いだけの男では勤まらない立場だったと思うのです。
ただ単に、有能でかつ育ちの良い男の人だったら、かなりツライ立場だったのではないかとも思うのですよ。
有能であっても、その能力はなかなか発揮できないし、すべてにおいて優先され重要視されるのは妻の言動…っていう立場は、フラストレーションが溜まるだろうし、苦労も多かっただろうなぁ~って思います。
だからすっごく偉いわ~って思うのです。
あ、簡単に現代風に彼の立場を説明すると、逆玉にのった入り婿…って感じかな。ただ婿さんもそれなりに良いお家の方ですけどね。嫁さんの実家の勢いが半端なくその時代、凄かったってだけで。

2010.07.04

ファイヤーウォール

映画 2006年
監督 リチャード・ロンクレイン
出演 ハリソン・フォード ポール・ベタニー

感想
銀行のコンピューター・セキュリティ担当者の家族を人質にとり強盗しようとする犯人と、そのセキュリティ担当者の攻防戦。
ポール・ベタニーが…ちょっとミスマッチな感じでした。
あんまり、重みが感じられず、残念でした。
アクションも…ハリウッド的な意味では、彼がするとなんでか地味な印象に…。

ハリソン・フォードは主役らしく頑張ってました。
…歳をとられましたよね。

ポール・ベタニーと一緒に強盗する仲間に『ウィンブルドン』で彼の親友役をしていた人が出てたような気がします。また、後で確認しようと思う。

2010.06.19

仮面の真実

映画 2004年
監督ポール・マクギガン
出演 ポール・ベタニー ウィレム・デフォー ヴァンサン・カッセル

感想
中世イングランドを舞台にした映画。
ポール・ベタニーが罪を犯し、逃亡する僧侶を演じています。
この映画を見て、私はポール・ベタニーにベスト・オブ・モンク(僧侶)の称号を捧げたくなりました。
新作『レギオン』では天使の役を演じている彼ですが…
よーするに彼は、ぼーさんとか天使とかそーいう浮世離れした役が非常に似合うくらい美しい!!ってことなんだと思います。
美しいポール・ベタニーが最後まで楽しめる映画でした。

あと『処刑人』と『スパイダーマン』の2作で、私の中で『変な役者さん』的なイメージがついてしまっていたウィレム・デフォーですが…今までで一番、彼のことをすごい役者さんだ!って実感できました。
身体能力がすごく高くって、バレエ・ダンサーのような体をされているように思います。
で、ヴァンサン・カッセル。彼はお貴族様の役がすごく似合います。ラスト近くまで、セリフがあまりないのが勿体ない感じでした。

ポール・ベタニーのファンはすごく楽しめると思います。
…映画的にも私としては面白かったと思うのですが、何しろかなりのバイアスがかかっている自覚があるので…自分に自信がないのです。

あ、あとポール・ベタニー関係のトリビア(?)として(最近私が知っただけなのかもしれないですが…)
『アイアンマン』のトニーさん家の人工知能の執事(?)ジャーヴィスの声って、ポール・ベタニーだったんですね!
あのトニーさんとのウィットに富んだ愉快な会話で私たちを楽しませてくれるジャーヴィスをポール・ベタニーが演じているのかと思うと、なんかファンとしては楽しい気がします。

2010.03.27

インクハート

映画 2009年
監督 イアン・ソフトリー
出演 ブレンダン・フレイザー イライザ・ベネット ポール・ベタニー ヘレン・ミレン

感想
ポール・ベタニーが出演しているって事で、一体どんな映画?って思いながら見たのですが、良質なファンタジー映画でした。
本を朗読すると、その本の中で起こっている出来事が実際に起こったり、本の登場人物が現実世界に出現したりする『魔法の舌』を持つ親子を中心とした物語。

子供の頃から本が好きだった人にとっては、結構一度は願った事がある事なんじゃないかな?こういう事って。
そういう夢をモチーフとした映画だった。
ちょっと、うらやましい能力ですよね!

日本未公開作との事ですが、映画自体が結構良くできていて、私は好きでした。
正統派ファンタジーだと思う。
ポール・ベタニー演じる『埃り指』って役も良いです。
長髪の彼も素敵でした!
ファンタジーだけどリアリティのある演技で、良かったですよ。
って事で『埃り指』の写真を貼っておく。

Img20081213

ポール・ベタニーはやっぱり素敵!!
…だけど、俳優としては堅実で、華がイマイチ無い事は悔しいけど認めよう…。
そりゃー、ゴージャス!って感じの俳優さんではないですよ…。
でも、演技力は凄くあると思うんだ!!にんにん。

2010.03.21

ギャングスターNO.1

映画 2000年
監督 ポール・マクギガン
出演 ポール・ベタニー マルコム・マクダウェル デヴィッド・シューリス サフロン・バロウズ

感想
とある成功したギャングに憧れた一人の青年が、彼に憧れるあまりギャングスターNO.1を目指す話。
って書くとスポ根モノっぽい感じがするけど、決してそんな映画ではありません。

若き日のギャングスターをポール・ベタニーが演じ、55歳のギャングスターをマルコム・マクダウェルが演じています。
ポール・ベタニーが狂った役を、彼らしいエッジの効いた演技で演じています。
この人には、やっぱり狂気が似合う。
そして細身のスーツが凄く似合う!素敵~~~!!

あと、55歳のギャングスターには静かな狂気が感じられて、これも凄かったっす。
で、ギャングスターが憧れる男・フレディ・メイズ役として、デヴィッド・シューリスが出演。
この人は、雰囲気がリーアム・ニーソンに少し似ていた。

ここのトコロ、ポール・ベタニーの映画を沢山見てるのですがね、何と言うか…気のせいかもしれないけど、ポール・ベタニーってね、ゲイっぽい役が多いような気がするんです。
たとえゲイじゃなくっても、この人が演じると変な色気があるというか…。
この映画もなんか、アヤシイ感じがしたし、『キス・キス・バン・バン』や『ビューティフル・マインド』『マスター・アンド・コマンダー』でも感じたのですが…。で、更に言うと『ロック・ユー』『ウィンブルドン』でもちょっと…それっぽい感じがしてたしな…。
なんなんだろう?この変な色気は。
とりあえず、この映画もね、凄く怪しかったのですよ。はい。


あと、最近DVDを見る時間が充分取れなかったので、私はとうとう防水DVDプレイヤーを購入してしまいました。
これで下半身浴中にDVDが見れる!って凄く喜んでいたのですが…私は目が悪いので字幕が眼鏡なしでは見れなかったですよ!
なので今日から眼鏡着用で入浴しました。
当然眼鏡が曇るので、眼鏡を拭き拭きこの映画を見ました!
意外と音も良く画像もきれいだったので、これからの入浴タイムが充実しそうで嬉しいです!にんにん。

2010.03.14

ビューティフル・マインド

映画 2002年
監督 ロン・ハワード
出演 ラッセル・クロウ エド・ハリス ジェニファー・コネリー ポール・ベタニー クリストファー・ブラマー

感想
ラッセル・クロウって意外とこういう映画にも出てたんだ~って感心した。
で、ジェニファー・コネリが相変わらず美しく、かつ素敵な女優さんである事を認識しました。

統合失調症のノーベル賞を受賞した数学者のお話。
非常に良い映画でした。
統合失調症って、今まで実は具体的にイメージが出来ていなかったのですが、この映画ではかなり具体的に患者側の視点からこの疾患が描かれていたので、興味深かったです。
で、映画自体の構成も、凄く面白かった。
何も知らずに見たので、余計に面白かった。
で、その分、統合失調症の患者の恐怖とか不安が伝わる感じがした。

あんまり書くとネタばれになるので書けない映画。
でも凄く良い映画だと思う。
ロン・ハワードはバランス感覚が凄く良い監督である事が分る映画。
で、ジェニファー・コネリが非常に良い女優さんであることも分る映画。そりゃー賞を沢山受賞するのも納得の演技。

あと、ポール・ベタニーも相変わらず素敵。
…意外と見せ場は少ないけど…。

2010.03.13

マスター・アンド・コマンダー

映画 2003年
監督 ピーター・ウィアー(『今を生きる』の監督)
出演 ラッセル・クロウ ポール・ベタニー

感想
再見の映画。初見は劇場公開時。
帆船時代のイギリス海軍での艦長オーブリーを主役として、彼を筆頭にクルー達のフランスの略奪船との戦いを描いた映画。
今までこの映画のタイトルの意味は単純に艦長と兵士っていう、艦内での役割で、その彼らを描いた物語だからだろうなぁ~って勝手に思っていたのですが…調べてみたら『マスター・アンド・コマンダー』で一つの役職って事らしいです。
つまり艦長と兵士を兼ねた役職の人=この映画の主人公オーブリーって事みたい。

映画としての感想は…初見時とあまり変わらず…。
帆船時代の英国海軍の世界の描写は、とてもリアリティがあってよかった。
でも、映画全体としてのメリハリが今一つ不明確で、盛り上がりに欠ける地味ーな印象がどうしても残ってしまいます。

ラッセル・クロウ演じる艦長と、ポール・ベタニー演じる船医との関係は面白かった。
二人で船室で音楽を演奏するシーンとかは良かったなぁ。
あと、船医がガラパゴス諸島に目を輝かせるトコロは可愛かった。

でも、この映画の私にとっての最大のポイントは…
ポール・ベタニーの強烈なもみあげでしょう。
この映画にポール・ベタニーがでてたって事で再見したのですが、最初、目を疑ってしまったもん。
ホンマに、これがポールベタニーなのか?って。
髪の色が違うだけでなく、眼鏡をかけているだけでなく…純粋にもみあげが似合ってなかったと思う。
そりゃー当時の私も、ひっかからないわ~~~って納得した。
しかし見慣れてくると、それすらも可愛く見えてくるマジックが働いてしまいましたよ。

アンタ、どんだっけポール・ベタニーが好きやねん!って自分でも突っ込んでしまう勢いで映画を見てますが、まだまだ視聴出来ていない作品があるので、超楽しみな今日この頃です。
にんにん。

あ、今、気付いたんですが、主人公達の船の名前って『サプライズ号』っていうらしいです。
…日本語にすると『ビックリ号』?
イギリス海軍の船の名前にコレ?
ある意味、ごっつい面白いで!!これは!!

より以前の記事一覧

January 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

鑑賞メーター

  • 映画・DVD鑑賞数
    koyukiさんの鑑賞メーター koyukiさんの鑑賞メーター koyukiの最近観たビデオ

読書メーター

  • koyukiさんの読書メーター
  • koyukiさんの読書メーター