Robert Downey,Jr

2011.04.30

デュー・デート

映画 2010年
監督 トッド・フィリップス
出演 ロバート・ダウニー・Jr ザック・ガリフィアナキス ジェイミー・フォックス ミッシェル・モナハン

感想
妻の出産に立ち会うために、出張中のアトランタからLAへ移動しようとする主人公ピーター(RDJ)と、空港でであったイーサン(ザック・ガリフィアナキス)。イーサンに巻き込まれる形で飛行機の搭乗拒否にあい、ピーターはイーサンとともに、LAを陸路で目指す!はたして彼は妻の出産に間に合うのかっ?っていう映画です。

ひたすらロバート・ダウニー・Jrが悲惨な目にあう映画。
あまりにも悲惨すぎて、笑えてしまいます。
そしてどこまでも、ザック演じるイーサンにはイロイロとビックリさせられる映画。

しかし、それだけで映画1本を作るのは無理がないかな?と思ったりして。
…つまり、長いかもしれません。この映画。
ロード・ムービーとしても、ちょっと何か足りない感もあったりして。
映画としても、個人的には『ハング・オーバー』の方が面白かったように思います。

でもロバート・ダウニー・Jrが出ずっぱりなのが、ファンとしては楽しいかもしれません。
私はそれだけで、楽しかったですよ!

2010.10.17

愛が微笑む時

映画 1993年 20101012鑑賞
監督 ロン・アンダーウッド
出演 ロバート・ダウニー・jr

感想
ロバート・ダウニー・jrの北島マヤっぷりが楽しめる映画!
凄いです!彼の演技が!

ストーリーは、一人の青年が子供の時から自分を見守ってくれていた4人の幽霊たちの現世での未練を解決するために、時には憑依されたりしながら、彼らのお手伝いをする…ってお話。
ハートフル・コメディってジャンルではないかと思います。

可愛くって、切なくって、いい話が詰まってる映画。
幽霊たちのキャラも凄く立ってて、主人公の青年と幽霊たちとのやり取りが可愛くって素敵でした。

見た後にハッピーな気分になれる映画。
面白かった。

2010.10.13

毛皮のエロス ~ダイアン・アーバス 幻想のポートレイト~

映画2007年 20101002鑑賞
監督 スティーヴン・シャインバーグ
出演 ニコール・キッドマン ロバート・ダウニー・Jr

感想
実在の女性フォトグラファーのダイアン・アーバスをモチーフとして作られた映画。自伝とはまた違うようです。
彼女の写真がどんなものなのかを知った上で見ると、非常に面白いのではないかと思います。
この映画を見るかどうか、悩んでいる人はまず彼女の写真について下調べをまずすることをお勧めします。

ニコール・キッドマンが相変わらず美しく素敵でした。
神経質でエキセントリックな女性。自分の欲求と現在の生活とのギャップにフラストレーションを感じているダイアンを熱演しています。
で、ロバート・ダウニー・Jr…このDVDのジャケットの彼は素敵なのです。
ただ!!それを期待してこの映画を見ていると…その素敵な姿はほとんど最後にしか拝めないのです!!
ほとんどずーーーっと出演しているにも関わらず!
そこはR・D・Jファンは要注意でしょう。
ぶっちゃけ特殊メイクをずっとされています。それはそれで面白いのですが。

映画としては…どーだろ…。
とりあえずストーリー的にはダイアンの旦那と子供が可哀そうかもって思った。
ただ、ダイアンの気持ちも分かるので。人間って難しいなぁ~って思いました。

ぶっちゃけ思春期の若い頃…むっちゃナイーヴな時ってフリークスに意味も分からず惹かれる気持ちがおこるのは分かるのですが、ダイアンのように大人になって結婚し、子供ができてからもその欲求が抑えられないっていうのが…彼女も所謂一種のフリークスだったのかなぁ~って思ったりして。
家族と共に過ごす時間より、フリークスたちと一緒にいる時の方が彼女は心から楽しんでいて、そして彼らに対して親近感を感じているように見えた。
よーするに、彼女にとってフリークスは、とても慕わしい人たちだったのかも。
だから、世間のフリークスに対する視線とは一線を画しているため、彼女の写真は何となく居心地の悪い感覚を感じさせるのかもって思った。自分自身の無意識化の偏見や差別と向き合わさせられるから。

2010.08.31

オンリー・ユー

映画 1994年
監督 ノーマン・ジュイソン
出演 マリサ・トメイ ロバート・ダウニー・Jr 

感想
10日後に結婚を控えた女性が、本当の運命の人と信じる男を追ってイタリアへ。そこで出会ったある男とのラブ・ストーリー。

ロバート・ダウニー・jrが出てくるまでは、ヒロインとその友人のテンションがツラかったです。
キュートといえばキュートなんですが、なんか上っ調子で…。

ですが、イタリアについてロバート・ダウニー・jrが登場してからは、ファンの贔屓目か分かりませんが、非常に面白かったです。
ヒロインとロバート・ダウニー・jrのセリフのやり取りや、雰囲気はとってもキュートでロマンティックで良かったです。
ラブ・ストーリーとしての展開が始まると、この映画のセンスの良さが感じられました。
それまでが無駄に長く、上っ調子だっただけに、前半要らないんじゃ…って思ってしまいましたよ。
イタリアのロケーションも十二分に活かされており、イタリアに行くのが楽しみになる映画。

前半が残念なのですが、後半が良かったので買いたいDVDにランクインしてしまいました。どうしよう…。

2010.07.24

チャーリー

映画 1992年
監督 リチャード・アッテンボロー
出演 ロバート・ダウニー・Jr アンソニー・ホプキンス ケヴィン・クライン ダイアン・レイン ミラ・ジョボヴィッチ

感想
喜劇王チャールズ・チャップリンの映画。子供の時から死の間際まで描かれています。

ロバート・ダウニー・Jrの才能爆発映画!
彼は若い時代のチャップリンから老年期のチャップリンまでを演じています。

彼はアメリカ映画界の北島マヤだと思う!
ブラヴォー!!

チャップリンの伝記映画なのですが、すごく良かったです。
実際のチャップリンの映画は断片的にしか見たことがなかったのですが、見たくなってしまいました。
モノクロとカラーを用いた画面の構成や、実際のチャップリンの映像を用いての画面つくりは非常に面白かったです。
あと、チャップリンの幼少時から描かれているので、彼の興味の対象がなんだったのか、なぜああいう作品が作られたのかが非常に説得力を持って伝わってきたので、良かったです。
ハリウッドの初期がどのような感じだったのかなど当時の風俗や時代背景もすごくよく分かる映画で面白かったです。

しかし、どんだっけロバート・ダウニー・Jrが好きやねん!自分!!って思ってしまいますわ。

路上のソリスト

映画 2009年
監督 ジョー・ライト
出演 ロバート・ダウニーJr ジェイミー・フォックス 

感想
ロバート・ダウニー・Jrの多彩さが楽しい映画でした。
普通の男の普通の日常の演技…でも飽きることなく映画を見せてしまうトコロが、彼の個性なんだと思う。

LAタイムスでコラムを連載している記者(ロペス)と路上生活者で統合失調症のためジュリアードを中退したチェロ奏者(ナサニエル)の交流を描いた実話をもとにした映画とのこと。

二人の友情を中心に映画は描いています。
劇的な何かがあるわけではなく、結末も淡々としているのが私好みでした。
安易にオチをつけないラストを選んだ製作者には敬意を表したいです。
単純な美談や友情ものにはしないっていう心意気を感じたので。

この映画の中でLAタイムスの記者のロペスは、ナサニエルとの交流の中で自分の偽善や傲慢さを自覚し、友情や愛情の意味を認識したのかなぁ~って思いました。
お互いに傷ついても諦めない、途切れない二人の関係は素敵でした。

あと、個人的にはやっぱり私は『同情』って感情が、あまり好きではないことを自覚しました。
大概の場合、失礼なんだろうなぁ~って思った。いろいろと反省しました。
同情と共感は別なんだと思う。共感は大事だと思う。
仕事上、いろいろな場面に遭遇するのですが、気を付けようと思った。
私が好きではないだけなので、ほかの人が同情をすること自体は、その人の自由なので全然良いのですが。
更にいえば自分以外の他者の事を『間違っている』って思い、その感情をもとに行動したり発言した場合、その時点で自分自身も間違っているんだって事を自覚しないとって思いました。
相手が精神疾患を持っているから自分が正しいんだっていう健常者が陥りやすい落とし穴がすごく印象的に描かれています。

って色んなことを考えさせてくれる映画だったので、私は好きです。

2010.07.04

ゴシカ

映画 2003年
監督 マチュー・カソヴィッツ
出演 ハル・ベリー ロバート・ダウニー・Jr ペネロペ・クルス

感想
ホラー映画っていうより、サスペンスものって感じ。
精神病院を舞台にした物語。
謎解きもあるし、超常現象的なものもでてくるし…不思議な感じの映画でした。
結構、この超常現象的なもののヤルことが、当初まったく意味不明でイライラしたのですが、最後には納得できました。
最近、こういうトンデモ系のお話も、全然気にならなくなったのですが、これはドラマ『スーパーナチュラル』のせいでしょうかねぇ?

2010.06.20

レス・ザン・ゼロ

映画 1987年
監督 マイク・カニエフスカ
出演 アンドリュー・マッカーシー ジャミー・ガーツ ロバート・ダウニー・Jr ジェームズ・スペイダー

感想
知らなかったです。この作品、『アナザーカントリー』の監督の作品だったんですね。びっくりしました。
当時のこの監督は、青春時代の危うさとか、凋落っていうのを描きたかったのかなぁ?って思った。
舞台はアメリカとイギリスで違うけど。時代的にも違うけど。共通する雰囲気があります。
ストーリーは1980年代のアメリカの西海岸の金持ちの子供たちの青春と喪失って感じでしょうか。

時代感覚がまさに80年代アメリカって感じの映画で、あの時代の雰囲気を知っている人には非常にほろ苦い何かを感じさせる空気感のある映画だと思う。

ロバート・ダウニー・Jrが若い時から、素晴らしい俳優さんであることがわかる映画でした。
面白かったです。

2010.06.11

アイアンマン2

映画 2010年
監督 ジョン・ファヴロー
出演 ロバート・ダウニー・Jr テレンス・ハワード ジェフ・ブリッジス グウィネス・パルトロウ スカーレット・ヨハンソン

感想
面白かったっす。
ロバート・ダウニー・Jrが好きな人は必見でしょう。
あと、ミッキー・ロークが良かったです。すげー、迫力のある敵役っふりでした。
…でも、一番活躍が目立ったのはスカーレット・ヨハンソンではないかと思います。
金髪の彼女より、今回の映画みたいな赤毛の方がコケテッシュでカッコ良いと思った。
彼女が一番、男前で肉弾戦でも大活躍してたように思います。マジで、カッコ良かった!
本来のヒロインであるはずのグウィネス・パルトロウを喰ってしまう勢いで素敵でした。
っていうか、良くも悪くもハリウッド的な印象では、地味だしな~グウィネス・パルトロウは…。

トニー・スタークのナルシストっぷり(…彼の美学の現れでもあると思うのですが)とか、アホっぷりが可愛いと思えるか否かでこの映画の感想は変わってくるかも~。
まあ、わざわざシリーズ2作目を、主人公が嫌いで見に行く人も少ないだろうから、これはまあ問題ないのかな。

ハデでゴージャスなアイアンマンの世界観は、単純に楽しめるのではないかと思います。

ただ、侘びサビとかそういう、日本庭園の美学も踏みつけにしてしまうアメリカンな豪快さと、背景の人々や物的損害など細かい事に関しては、前作以上に全く言及しない大雑把な(ノーテンキな?)映画作りに…今後のアイアンマン・シリーズの行く末が少し心配になってしまいました。
でも…今作品自体の出来は良くって、娯楽作としてはとても楽しめるのではないかと思います。

あ、あと主人公のトニー・スタークを筆頭に基本的に出てくる男が、良くも悪くもアホっぽい気がするのは気のせいでしょうかね?なんか、馬鹿な子ほど可愛いって言葉がしっくりくる男たちの映画です。

2010.05.23

アイアンマン ブルーレイ

映画

感想
…結局ね、買ってしまったんです。ブルーレイで。アイアンマンを。
しかし我が家の環境では、ブルーレイの素晴らしさを今一つ実感できないのが残念なところではあります。
現時点で実感できる良さとしてはDVDより若干画像が良くって、若干ロバート・ダウニー・Jrの下まつ毛の量とお目めのウルウル感が増している位でしょうか?
多分TV自体を買い替えないと、ブルーレイの美しさを充分に堪能できないんでしょうねぇ~。

で、届いてからブルーレイを2回ほど見たのですがね…やっぱりRDJ(と早速省略してみた)は可愛いです。
何度見てもキュートでチャーミングです。はい。
ヒロインも素敵だしな~。

今回のブルーレイ購入の一番の目的は映像特典でした。
特にRDJのスクリーンテストとリハーサルの画像が見たくって。
今作品ののRDJのスクリーンテストといえば、トニー・スターク役を彼が熱望していたにも関わらず、年をとり過ぎている等の理由により不安視されていたのを、完璧な役作りにより周囲を納得させた…というエピソードのあるものですよね~。
実際に特典を見てみたトコロ、スクリーンテストの段階で、既に映画本編のスタークさんがそこに居たのが凄かったです。RDJってホンマに凄いなぁ~って思った。

で…なんで、こんなにアイアンマンのスタークさんが気に入ったのか?って自問自答してみた…結果、多分繊細な感じがするのが良いんだろうなぁ~って思った。
で、多分スパイダーマンもおんなじ理由で好きなんだろうなぁ~って思う。
この2人(二人で良いのか?)のヒーローさまは、アメリカン・マッチョなヒーローさまではないのが、私にとっては良いのだと思う。共に人間的で繊細なのが良いんだろうなぁ~って思う。ちょー不器用だしね、二人とも。

って事で非常に『アイアンマン2』が楽しみな今日この頃です。

January 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

鑑賞メーター

  • 映画・DVD鑑賞数
    koyukiさんの鑑賞メーター koyukiさんの鑑賞メーター koyukiの最近観たビデオ

読書メーター

  • koyukiさんの読書メーター
  • koyukiさんの読書メーター