Tobey Maguire

2010.06.19

マイ・ブラザー

映画 2010年
監督 ジム・シェリダン
出演 トビー・マグワイア ジェイク・ギレンホール ナタリー・ポートマン サム・シェパード

感想
豪華キャストによるデンマーク映画『ある愛の風景』のリメイク。
監督は『マイ レフト フット』の監督。

兄弟と家族の物語。
兄はトビー・マグワイア。
弟はジェイク・ギレンホール。
兄の妻はナタリー・ポートマン。
兄弟の父をサム・シェパード。

このキャスティングって絶妙だと思うのです。
キャストと監督で、もーコレは見るしかないって思った映画です。

出来のいい兄と、不良の弟。兄は父親と同じ海兵隊に入り、アフガニスタンに従軍する。そして、その後、家族に兄の戦死の知らせが届く…しかし、兄は生きていて…って感じで始まるストーリーです。

トビー・マグワイアはやっぱりすごい俳優さんだと思いました。
狂気の演技が素晴らしかった。
で、ナタリー・ポートマン。彼女はホンマに素晴らしい女優さんになられました。
美貌と知性だけでなく、母性をも感じさせる演技で…若いのにすごいなぁって思った。
ジェイク・ギレンホールは、最初から最後まで彼らしかった。
ナチュラルに兄にコンプレックスと愛情を持っている普通の男を演じていた。

で、映画自体に関する全体的な印象ですが…
絶対この映画は泣く!って思って、ハンカチを握りしめて劇場に入ったのですが…拍子抜けでした。
なんでかな?って映画の途中からずっと考えていたのですが…。
よーするに、ジェイクとトビーの相性が今一つなんだと思います。
だから二人の兄弟としてのエモーショナルなぶつかり合いが最後まで実感できず、すれ違っている二人の姿だけが印象に残る結果になったんだと思います。
結局のところ、二人の間にある家族特有の関係性…繋がりが感じられないのが問題なんだと思う。
トビーもジェイクも、それぞれの個人としての役の解釈は間違っていないんだと思うし、リアリティがあると思う。
ただ、それをドラマとして魅せる、感動を引き起こすってなると、ベースに兄弟の間のそれまでの深い絆であったり愛憎が感じられる関係性が全体を通して感じられないとダメなんだと思う。
で、この二人は最後まで、それぞれのスタイルを崩すことなくラストまで演じきり…兄の深い苦悩と、それを最後まで理解できない普通の男である弟の映画となってしまってるように感じました。

つまり、ラストまで二人のすれ違いを切ないと感じることができなかったのです。
救いはナタリー・ポートマンの愛情深い演技でしょうか。
彼女はトビー相手でもジェイク相手でも、ピッタリの息の合った演技をされていました。
あと二人の子役(トビー・マグワイアとナタリー・ポートマンの娘役)が素晴らしかった。

何となく、ジェイクの育ちの良さがアダになったって気がします。なんでか分からないけど。
パンフレットのジェイクのインタビューに、トビー・マグワイアとの間には、競争意識があると書いてありました。
それが今回は良い方向に転がらなかったんだろうなぁ~って思いました。

トビーはタイプ的に、ダニエル・ディ・ルイスみたいに、役ごとにガラッと雰囲気を変えてしまう役者さんなんだと思う。。
それに対して、ジェイクはナチュラルに『何もしないことが最高の演技』ってタイプの役者さんだと思う。
顔が似てて、年齢的にも近いけど、まったくスタイルの違う二人…相性が良ければ最高だったんだろうけど…って思うとちょっと残念な気がしました。

ただ、映画としては非常に良い映画だと思います。
ナタリー・ポートマンは最高!でした。


2010.06.06

サイダーハウス・ルール

映画 2000年
監督 ラッセ・ハルストレム
出演 トビー・マグワイア シヤーリーズ・セロン マイケル・ケイン

感想
ジョン・アーヴィング原作の映画化。
アカデミー賞の脚本賞と助演男優賞を受賞した映画。
脚本は原作者のジョン・アーヴィングが執筆。
監督は『ギルバート・グレイプ』の監督。

凄く良かったです。
『ギルバート・グレイプ』も大好きな映画なんですが、この映画も凄く好き。
この監督の映画のトーンとか、人間を見るまなざしが映画から伝わってくるように思う。
多分そこが、この監督の作品に私が惹かれるトコロなんだと思う。
凄く優しくって懐かしいトーン。そして困難な状況や悲しい出来事の中でもユーモアと希望がある。
こーいう映画って凄く好きだ。

出演者も凄く良いんだと思う。
トビー・マグワイアが良いのはもちろん、マイケル・ケインも凄く良かった。
で、シャーリーズ・セロンは凄く美しい。
カントリー・ガール丸出しの格好しててもキュートだった。

凄く良かったのでアーヴィングの原作小説と、対訳付きの脚本を注文してしまいました。
これで英語の勉強をしようと思う。

2010.05.26

シービスケット

映画

感想
トビー・マグワイア出演の大恐慌時代の競走馬シービスケットをめぐる馬主・調教師・騎手をメインとした物語で実話をもとにした映画。
凄く良かったです。

色彩が美しく、風景もきれいで、そしてレース・シーンが素晴らしかったです。
時代背景を反映した衣装なども良かった。

ストーリーも前半はビミョーだったけど、中盤以降は映画に引き込まれでいきました。
そしてラストには凄く感動しました。
多分、この感動は前半できちんとシービスケットと出会うまでの3人の姿を描いていたから、それだけ重みがあるんだろうなぁ~と最後には納得しました。

テーマは挫折とそこからの復活、諦めなければ希望はあるってことかな~。

地味だけど凄く良い映画でした。
こういう大作(ビッグ・タイトル)と小作(インディペンデント系とかの映画???)の間の規模の映画って、最近減ったような気がするのですが…。日本で公開されないだけかなぁ?公開されてても都会での限定公開なのかなぁ?『マイ・ブラザー』みたいに。

なんか、自分の映画の傾向を分析するに、こーいう規模の作品が一番好きなのかもしれん…って思ったりするのです。
大作も好きなのですが、自分の好きな作品を上げていくと、結果的にこの規模の映画が多くなるような気がするから。
イギリス映画は基本、この程度の規模の映画が多いので良いのですが、アメリカでも良作が多いと思うので、今後も頑張って作ってほしいトコロです。にんにん。

2010.05.23

スパイダーマン3

映画

感想
とにかくトビー・マグワイアが可愛くって!の第3弾!です。
しかし、ビミョーに第3弾のトビーはぽっちゃりしていて、残念なのだ~。
それでも彼の可愛らしさは全開でしたが。

トビー・マグワイアって最近までノーチェックだったのですが、作品によって全く表情やカラーが違うから凄い良い俳優さんですよね~。

しかし映画としては、今まで以上にてんこ盛り感が満載で…。
お約束感も前2作より満載な気がします。
面白い事には変わりが無いので良いのですが…。

ピーターの賢いけど、不器用でドンくさくって…ちょっとアホの子っぽい可愛らしさ(そこが彼のチャーム・ポイント!だと思うのですが)が、ブラック・ピーターの出現により際立っていたのが良かったと思います。
で、ブラック・ピーターの軽薄で要領の良いトコロとの対比が面白かったです。彼のホンマにカッコ良いのか、KYなだけなのか、単なる勘違い男なのか?…と判断に苦しんでしまうビミョーなトコロとかも面白かったです。はい。

それと、この3連作を通してキルスティン・ダンスト演じるヒロインの良さが話を重ねるごとに分らなくなり…とうとうこのパート3では「むしろこのMJって子、私は嫌いかも?」って思うレベルにまでなってしまいましたよ。
ピーターが良い子なだけに、なんでMJのよーなBitch(…失礼)が良いんだ?!ってラストには思ってしまいました。残念!

そしてハリー!
彼は切なかったっす。

結果としては大好きな映画になりました。
ブルーレイを買うべきか、DVDで良しとするべきか悩ましいスパイディー三部作なのでした~。

すっかりトビー・マグワイアのファンになってしまった私は、今度公開される『マイ・ブラザー』って映画が凄く見たくなりました。この映画はトビー・マグワイアとジェイク・ギレンホールが兄弟を演じるって映画で、更に共演はナタリー・ポートマンっていう私にとってはホンマに素敵な映画なのです。…でも、地元では公開予定が無いのが残念ですわ~。田舎って嫌ですわ。
トレイラーとか見る限り、この映画でのトビー・マグワイアはホンマに凄い感じでした。鬼気迫る感じがして、また今までとは全く違った雰囲気の役で…ジェイクとの演技対決!がちょー楽しみな感じなのです。
…っていうか、この二人って共に凄い役者さんだけど、全く演技のスタイルが違うのも面白いですよね~。
同じアメリカの若手俳優さんでも、スタイルが全く違うのが面白いし、それがはっきりと分るのも面白いです。凄くアメリカの層の厚さを感じてしまいます。

スパイダーマン2

感想

とにかくトビー・マグワイアが可愛い。
そして、彼の演じるピーターが可愛い。
表情がイキイキしていて見ててハッピーになれる。

で、アクションも面白いし、ストーリーも定番だけどよかった。
結構、お約束展開でもグッとくるべきところではグッときたし。

ピーターの貧乏っぷりもグレードアップし、生活感も更にドン!!って感じで増していまして、スパイダーマンの世界観がさらにグッと身近に感じられる仕上がりの映画となっております。はい。
彼ほどミジメっぽい雰囲気の似合うヒーローさまは居ないのではないでしょうか?
プチ不幸とか、プチ幸せが、これほど似合うヒーローは居ないのではないかと思われます。
全てにプチが付くあたりに彼の小市民的なお人柄が表れていて…素敵!!ですよね。

着ているのも、彼の手作りの衣装(…あくまでフツーの衣装)であったりするトコロが可愛いです。
フツーの衣装なので、すぐに破れてしまうんですよ…。で、多分自分で手縫いで修理するのでしょう…。夜なべして…。哀れだわ。しかし、それが似合うのかスパイディの素敵なトコロなのでしょう→あくまで私の想像です。そんなシーンは決して映画にはないのですが、つい想像してしまうよーな映画なのです。

あとは、ジェームス・フランコ演じるピーターの親友ハリーも相変わらず良かった。
セレブなファザコンで、かつピーター大好きっ子なトコロが可愛かったです。

すっかり私はアメコミ(マーベルもの)にハマってしまいましたよ!

2010.05.06

スパイダーマン

映画 2002年
監督 サム・ライミ
出演 トビー・マグワイア ウィレム・デフォー キルスティン・ダンスト ジェームズ・フランコ

感想
…すげー面白かったです。
なんかね、フツーの可愛いオクテの男の子が主人公で、凄く好感が持てました。
で、主人公の親友を演じるジェームズ・フランコも可愛かった。
あと、ウィレム・デフォーも面白かったです。
…っていうかですね、ウィレム・デフォーは『処刑人』があまりに強烈だったので、今作でもシリアスな役柄にはどうしても見えませんでした。すみません。
ついでに言うと、トビー・マグワイアも…昨日見た『トロピック・サンダー』が強烈だったので、最初は笑ってしまいました。すみません。
変な印象を持ってしまうと、後々に響きますね…意外と。
気をつけよう。

で、映画自体ですが、今まで見たアメコミものとはまた違ったアプローチのヒーローもので、これはこれで凄く良かったです。
今まで見たマーベルのヒーローものの中で、一番貧乏くさいトコロが素敵でした。
ついでに言うと、初登場が一番しょぼい衣装だったトコロも素敵です。

個人的には、キルスティン・ダンスト演じるヒロインが、あまり好きなタイプじゃなかったです。
ピーターの初恋の人なのは分るけど…彼女が問題をややこしくしている気がするのですが…。
まあ、彼が好きなら良いのですがね~。
頑張って続きを見ようと思います。

2010.04.24

ワンダー・ボーイズ

映画 2000年
監督 カーティス・ハンソン
出演 マイケル・ダグラス トビー・マグワイア ロバート・ダウニー・Jr ケイティ・ホームズ 

感想
作家のお話。
スランプの作家と彼の編集者、そして作家の教える大学の学生のお話。

ロバート・ダウニー・Jrが素敵な作品。
あとジェイク・ギレンホールがインタビューで、トビー・マグワイアと間違えられるって話をしていたのですが…納得した映画でした。確かにちょっと似てる気がするわ…。
で、マイケル・ダグラスのくたびれた作家っぷりが凄かったです。

映画は淡々と物悲しくって、でもユーモアがあって、希望と再生があるって感じの映画でした。
私たちの日常の中にある、ユーモラスなシーンと物悲しいシーンとが凄く上手に切り取ってある感じがした。

ロバート・ダウニー・Jrの素敵さがこの映画でも爆発していました。
この人は、エキセントリックな役をすると凄くハマると思う。
なんか、フツーだけどちょっと変わった人とか…。
この映画では、ゲイの編集者を演じていました。
なんか味のあるチャーミングさがありましたよ…。

January 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

鑑賞メーター

  • 映画・DVD鑑賞数
    koyukiさんの鑑賞メーター koyukiさんの鑑賞メーター koyukiの最近観たビデオ

読書メーター

  • koyukiさんの読書メーター
  • koyukiさんの読書メーター